RSNA2019レポート 〜 esaote G scan(角度可変MRI)

こちらは、以前からありますが、イタリアのesaote(エサオテ)という会社の角度可変MRIです。

説明をしてくれたイケメンのイタリア人男性。

下の写真の左が仰臥位、右が立位です。L5がS1に対して前方に辷っていることがわかりますね。

こちらの例は、普通のMRIでの経過観察(2015.12→2017.1)。スライドの説明によると、ほとんど変化がないのですが、

右側のタイミングで、仰臥位と立位を比べると、脊柱管狭窄の程度が違うことが分かります。立位だと全然見える世界が違うので、やっぱり、立位は本当に欲しいです。

今年の新しいところでは、自動的に仰臥位と立位における椎体のsegmentationを行い、その違いを表示してくれるアプリケーションです。脊柱管狭窄の程度のグラフもとってもわかりやすいので、これは仕事がしやすくなると思います。 発音はめっちゃイタリア的です。forとかはフォ(ッ)ル、afterはアフテラ、みたいな発音になりま〜す。僕はとても好き (^^)

おまけ

関連があまりないのですが、以前、ライザップに存在していた「Risty」というサービスのことを思い出しました。これは、急激にやせた人が「何を着ていいかわからない*」ので、それを指南してくれるというサービスです。

* 僕のような、いままでLLサイズだった人には、洋服やデザインの選択肢があまり多くないわけなのですが、Mになるとものすごく選択肢が増えて、なにをどうやって買いに行ったら分からない。そのような人のためにいくつかのお店を教えてくれ、またカラーコーディネイトや体型にあった服のデザインなどを教えてくれるサービス。僕にはとても良かったのですが、現在このサービスはなくなってしまい残念。

そのときに担当だった堀田さんが紹介してくれたマウリツィオ・バルダサーリ(最初なかなか覚えられないですね。まうり・つぃお・ばるだ・さーり)というブランドが気にってその後いくつか買ったのです。

esaote社の本拠地は、ジェノバという、イタリアの北西部、ちょっとモナコに近い風光明媚な港湾都市です(ジェノバからは、チンクエ・テッレなんかも比較的近いです)。あそこに住めるのはうらやましい〜。マウリツィオ・バルダサーリ本社は同じイタリア北西部のミラノにあり、そんなに遠くないので、聞いてみたんだけど、知らなかったので寂しかった笑。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tarorin

tarorin東海大学工学部 医用生体工学科 教授

投稿者プロフィール

MRIの撮像・フィルム焼き・患者導入に従事していた経験を活かし、企・技・医の中間の立ち位置を大切にしています。モットーは研究結果を中立的に判断すること、皆で研究成果を愉しむことです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…
  2. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  3. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…
  4. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…
  5. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2018-10-8

    脳卒中診療に革命を与えるASL

    Arterial Spin Labeling(ASL) Arterial Spin Labelin…
  2. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…
ページ上部へ戻る