全身DWI撮影の全自動後処理(とくに自動Window)/ WIP

第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長)の、ザイオソフトイブニングセミナーにおいて発表をしてきました。

そのなかで、全身DWI撮影の全自動後処理について動画で報告します。処理時間は1分です。

全身DWIの後処理は、以下のように沢山のステップが必要で、技師さんのかなりの負担になっています。これをどうにかできないかと考えていましたが、今回この構想をザイオソフトさんが実現してくれました。自動ウィンドウ処理がなかなか大変でしたが、非常にうまくいっています。

これなら、撮像が終わったら(画像の確認はおねがいしますね!それはとても大切)、ポンと投げれば後処理は1分で完了しますから、生産性がものすごく向上します。

これはWIPですが、ぜひ早くリリースしていただきたいと思っています。


※これはDirect Coronal撮像のProcedureですが、Axial撮像にも対応しています。また、動画ではDWIのみですが、T1WI/T2WIでも動作できるようになりました。

  1. 複数のステーションのDWI画像を集めて、自動つなぎ合わせ(Auto-Stitching)をする。
  2. その際に自動ウィンドウ合わせ(Auto-Window)をする。
  3. この画像を元に、以下のものを作成
    a) Coronal 4mm
    b) Coronal 24mm Partial MIP
    c) Sagittal 8mm Partial MIP
    d) Axial 8mm Partial MIP(一つのファイルとして作成可能)
    e) Whole MIP (Rotation)
  4.  以下ののすべてについて白黒反転画像作成
    a) Coronal 4mm
    b) Coronal 24mm Partial MIP
    c) Sagittal 8mm Partial MIP
    d) Axial 8mm Partial MIP
    e) Whole MIP (Rotation)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tarorin

tarorin東海大学工学部 医用生体工学科 教授

投稿者プロフィール

MRIの撮像・フィルム焼き・患者導入に従事していた経験を活かし、企・技・医の中間の立ち位置を大切にしています。モットーは研究結果を中立的に判断すること、皆で研究成果を愉しむことです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. はじめに 香川大学医学部附属病院の小畠さんからバトンを受け取りました.。 といいつつも, 実は小…
  2. MAGNETOM Free Max
    今年の新製品はMAGNETOM Free Max(0.55T)です! 噂の0.55Tです!…
  3. インナービジョン編集部(三橋 信宏(みつはし のぶひろ)編集長)様のご厚意で、2001年のインナービ…
  4. キヤノンメディカルシステムズ株式会社より「Advanced Imaging Seminar 2022…
  5. MRI装置は各メーカーごと独自の手法により様々な画像を描出することができますね。 非造影が得意な装…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る