2023/11/4 土曜日(品川)第 67 回 Radiology Update 学術講演会

(高原)今週は、金曜日に韓国(ICMRI)で、また土曜日にには品川で講演をします(11/4 14時〜)


Radiology Updateはバイエル薬品株式会社が共催する由緒ある会で、多くの方が来られます。脂の乗ったときに、生涯に一度だけ呼んでいただける類いの会ですが、今回で3回目の登壇をさせていただくことになり、本当に光栄です。

いつもの講演では、撮像理論はあまり触れませんが、今回は「画像診断のプロ」のみなさんが多く集まるので、少しレベルを上げてお話しようと思っています。また逆に、パラメータだけでは診断能を達成できないことも示したいです。

「どうやって画質を保持し、どうやって担い手(技師・医師)の診断能力をあげ、どうやって受診者さんを集め、病院の経営を良くするか」まで考え実践することで、初めて社会的に意味のあるアウトプットになるという包括的アプローチをお伝えできたらと思います。

Radiology Updateでは人生で最後の登板になると思うので、上記に加えて、常識とかガイドラインがいかに脆いものだということをお伝えします。みなさんが画像を見て感じることこそが、真実を含んでいます。

「自分では研究しないでエビデンスを基に解説や評論をすること」、「受け売りの知識で話すこと」より、「画像に 何が示されているか」を感じ取り、撮影(撮像)に関わることの大切さをお伝えできたらと思います。

「患者に優しい画像診断への取り組み」というセッションで採用していただけた扇谷教授には心より御礼を申し上げます。

いろんな機関や病院で意思決定をするのは男性のことが多い現状がありますが、痛みを感じ、「自分ごと」であるのは女性です。今回の講演を聞いてくださる皆さん、特に男性に、中堅の女性がいかに切々と上司に訴えているか、分かっていただき、女性のつらい思いに想いを馳せていただくきっかけになると幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tarorin東海大学工学部 医用生体工学科 教授

投稿者プロフィール

MRIの撮像・フィルム焼き・患者導入に従事していた経験を活かし、企・技・医の中間の立ち位置を大切にしています。モットーは研究結果を中立的に判断すること、皆で研究成果を愉しむことです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

※以下ドメインメールアドレスはプロバイダのフィルタが厳しく、到達率が低下しております。
確実なメール受信の為に、GmailもしくはYahooアドレスでの登録を推奨しております。

@icloud.com @me.com @mac.com @hotmail.com

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1.  皆さんこんにちは。MRIfan.netの編集委員を務めております市立角館総合病院の千葉と申します…
  2. はじめに 先天性心疾患(CHD)の患児は、術後の合併症として乳び胸、蛋白漏出性胃腸症、鋳型気…
  3. はじめに MRIfan.net新編集委員となりました岡山済生会総合病院の吉村祐樹です。上腹部…
  4. はじめに 健診会東京メディカルクリニックの諸田智章です。 『頚椎CTLI』…
  5. はじめに 上尾中央総合病院の木下友都です。今年のSIGNA甲子園のテーマは“Signa甲子園…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る