RSNA2015 その3 Esaoteの体位可変MRI

これまであまり注目されてこなかったのだけれど、イタリアのMRI企業、Esaote(エサオテ)は、まるで胃透視台のようなMRIを販売しています。

このMRIは、寝ているだけでなくて、角度を変えて撮像ができます。これは、ブースでのディスプレイ用のモデルなので、90度まで立たないのですが、実際には直立するとのこと。

このMRIを用いれば、荷重をかけたMRIが撮れるんですね。容易にその効果が予測できますが、

たとえばこんなふうに、荷重をかけたとき(立位=下)では、joint spaceが狭小化していることが容易にわかります。

スクリーンショット 2015-11-30 16.40.31

あと、↓これも、荷重をかけると、脊柱管の狭小化が明瞭にわかります。

スクリーンショット 2015-11-30 16.42.43

↓これもです。neural foramenの狭小化が明瞭に。

スクリーンショット 2015-11-30 16.44.20


今まで何を診断していたんだろう。

これらの画像を見ると、「俺たち今まで何を診断していたんだ?」と思うぐらいのインパクトがあります。これは国内に4台ほど入ってきているという情報を得ていますが、ブースで聞いた情報と、カタログの記載情報では、日本に直接の代理店はないようでした。

超弩級のインパクトがあったSyMRIは、2年以上、世の中に埋もれていたそうです。ものすごく重要なことでも、あんまり注目されなかったりするんですよね。国内でも大々的に販売を扱う会社が出ても良さそうに思います。日立さんなどにかなり昔にお伝えしてみたのですが。僕はこれでやりたいことがたくさんあります。こんなに大きな特徴のあるMRI装置ってないですよね。

ちなみに立位MRIは、このEsaoteは初めてではなくて、昔はFONARというのがあったんですよ。昔懐かしい、2005年の記事を紹介しますね。当時はこのとおり超巨大、150トンもの代物だったので、とても普通に導入できるものではありませんでした。
モデルになっているのは(たぶん当時は研修医の)川田秀一先生です。古い形式のwebなので携帯の人は見にくいと思いますがすみません。しかしこのときにH264コーデックがでたんだね。今はインスタントでできるようになったタイムラプスみたいなことも試していたんだ〜と感慨に耽りました。
http://teleradiology.jp/MRI/03_houkoku/RSNA2005/Fonar/FONAR.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tarorin

tarorin東海大学工学部 医用生体工学科 教授

投稿者プロフィール

MRIの撮像・フィルム焼き・患者導入に従事していた経験を活かし、企・技・医の中間の立ち位置を大切にしています。モットーは研究結果を中立的に判断すること、皆で研究成果を愉しむことです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…
  2. 本日は、MRIの話ではないのですが、第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長・新宿)…
  3. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…
  4. OsiriX LITEが最近32bitから突然64bit版変更なりました。 このためOsiri…
  5. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2018-4-9

    Web議論の場 〜 ecasebookの運用について

    副編集長の高橋でです。 新年度を向かえ、またJRCの総会も近づいてきて皆さん張り切っていらっしゃる…
  2. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
  3. 2017-10-19

    検像運用について

     はじめに まだフィルム運用のころ,一般撮影のみならず、放射線検査においては撮影条件を駆使してよい…
ページ上部へ戻る