JRC2015速報 シーメンスブース(WB-MRI)と、GEランチョン(MAGiC)

シーメンスブースで、SpectraによるWB-DWI(改善したもの)を展示して頂いているので、ぜひDICOM画像でご覧ください。右は平林さん。左は当科の学生です。

スクリーンショット 2015-04-17 13.06.21

スクリーンショット 2015-04-17 13.06.33

これは青木先生のご講演(GEのランチョンセミナー)。MAGiC。

スクリーンショット 2015-04-17 13.06.49

青木先生の使用経験によると、

  • ◯造影後のFLAIRが要らなくなるかもしれない。
  • ◯僅かな染まりや、小さなメタ、髄膜の染まりの判断などに有用
  • ◯小児の頭部
  • ☓ パーシャルボリューム(エッジのところで間違って計算される事が)
  • ☓ 血流情報など(FLAIR intraarterial signalなど)が取れなくなる

という利点と欠点があるそうです。

小さなメタが一番わかるようにコントラストをリアルタイムで調整しているさまを見せていただきましたがこれはすごかったなぁ。

あと、座長の先生からの質問(これで撮像時間短縮になりますか?)へのお答えがユニークでした。

  • 私が担当する検査は、撮影時間が短くなってもあまり検査時間は短縮はしていません(=これは、残った時間をほかの収集に充てているということですね!)
  • (志低く、不当に)T1もT2も撮らずにFLAIRだけを撮っている施設は短縮しないと思います。→これはワロタ

以上速報でした!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tarorin

tarorin東海大学工学部 医用生体工学科 教授

投稿者プロフィール

MRIの撮像・フィルム焼き・患者導入に従事していた経験を活かし、企・技・医の中間の立ち位置を大切にしています。モットーは研究結果を中立的に判断すること、皆で研究成果を愉しむことです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…
  2. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…
  3. 第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長)の、ザイオソフトイブニングセミナーにおいて…
  4. 本日は、MRIの話ではないのですが、第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長・新宿)…
  5. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
  2. 2017-3-31

    頭蓋内の血管壁イメージング

    臨床的な意義  - lumenography vs 血管壁 imaging 脳血管病変の画像診断は…
  3. 2017-4-25

    ISMRM2017 (25th) プレナリーセッションで長縄慎二先生が講演

    今年のISMRMは、ハワイ開催!それだけでもテンションが上がりますが、、 、、長縄慎二…
ページ上部へ戻る