JRC2015速報 シーメンスブース(WB-MRI)と、GEランチョン(MAGiC)

シーメンスブースで、SpectraによるWB-DWI(改善したもの)を展示して頂いているので、ぜひDICOM画像でご覧ください。右は平林さん。左は当科の学生です。

スクリーンショット 2015-04-17 13.06.21

スクリーンショット 2015-04-17 13.06.33

これは青木先生のご講演(GEのランチョンセミナー)。MAGiC。

スクリーンショット 2015-04-17 13.06.49

青木先生の使用経験によると、

  • ◯造影後のFLAIRが要らなくなるかもしれない。
  • ◯僅かな染まりや、小さなメタ、髄膜の染まりの判断などに有用
  • ◯小児の頭部
  • ☓ パーシャルボリューム(エッジのところで間違って計算される事が)
  • ☓ 血流情報など(FLAIR intraarterial signalなど)が取れなくなる

という利点と欠点があるそうです。

小さなメタが一番わかるようにコントラストをリアルタイムで調整しているさまを見せていただきましたがこれはすごかったなぁ。

あと、座長の先生からの質問(これで撮像時間短縮になりますか?)へのお答えがユニークでした。

  • 私が担当する検査は、撮影時間が短くなってもあまり検査時間は短縮はしていません(=これは、残った時間をほかの収集に充てているということですね!)
  • (志低く、不当に)T1もT2も撮らずにFLAIRだけを撮っている施設は短縮しないと思います。→これはワロタ

以上速報でした!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tarorin

tarorin東海大学工学部 医用生体工学科 教授

投稿者プロフィール

MRIの撮像・フィルム焼き・患者導入に従事していた経験を活かし、企・技・医の中間の立ち位置を大切にしています。モットーは研究結果を中立的に判断すること、皆で研究成果を愉しむことです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. MRI装置は各メーカーごと独自の手法により様々な画像を描出することができますね。 非造影が得意な装…
  2. 皆さまはじめまして。茨城県立こども病院の加藤綾華と申します。茨城県立こども病院は茨城県水戸市にある1…
  3. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  4. はじめに みなさま、はじめまして。東筑病院 野中 康行 と申します。 東筑病院は福岡県北九州市に…
  5. インナービジョン編集部(三橋 信宏(みつはし のぶひろ)編集長)様のご厚意で、2001年のインナービ…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る