RSNA2014 その6 〜シーメンスWS Cinematic Rendering

シネマティック・レンダリング

みなさんは、3D Workstation(WS)を毎日のようにお使いになっていますね。骨などは光った感じの質感で、今のままでもなかなか「リアル」なのですが、今回シーメンスブースでは、「シネマティック・レンダリング(Cinematic Rendering)」と呼ばれる、超リアルなレンダリングが表示されていました。

ごらんのように、実際の肉体を見ているような印象が得られます。

レンダリング計算はかなり激しいようで、通常のレンダリングがまずなされ、その後にレンダリング精度をあげて、「Cinematic」な感じになっていきます。

スクリーンショット 2014-12-01 16.38.09

面白かったのは、背景が風景に変えられることで、このデモでは、Uffizi Galleryという、イタリアの美術館を選んでいました。

スクリーンショット 2014-12-01 16.39.34

通常は無機質な均一色の背景ですが、後ろに「風景」があることにより、向きが把握しやすくなるという特長があります。これはアイデアですね〜。関心しました。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tarorin

tarorin東海大学工学部 医用生体工学科 教授

投稿者プロフィール

MRIの撮像・フィルム焼き・患者導入に従事していた経験を活かし、企・技・医の中間の立ち位置を大切にしています。モットーは研究結果を中立的に判断すること、皆で研究成果を愉しむことです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. キヤノンメディカルシステムズ株式会社より「画論 The Best Image」のお知らせです。 「…
  2. インナービジョン編集部(三橋 信宏(みつはし のぶひろ)編集長)様のご厚意で、2001年のインナービ…
  3. はじめに みなさま、はじめまして。東筑病院 野中 康行 と申します。 東筑病院は福岡県北九州市に…
  4. MRS
    MRSって難しいですよね。 画像でイメージしやすいMRIに比べてとっつきにくいです。 でもな…
  5. MRI装置は各メーカーごと独自の手法により様々な画像を描出することができますね。 非造影が得意な装…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る