2016年ITEM-日立製作所ヘルスケア報告(MRI)

社名が日立メディコから日立製作所ヘルスケアに変わりました。ブースは全体でヘルスケアを意識した作りになっていました。対応していただいたのは原田邦明さんです。ありがとうございました。

フラグシップモデルTRILLIUM OVAL
DSC02409
まず、最初に紹介されたのがこの3T用の32chヘッドコイルです。国産メーカならでは日本人の特徴をふまえた作りになっています。
DSC02367
目の切れ込みは、上の鏡を見れるように工夫しています。鏡はガントリーの外を写します。鼻や口の切れ込みがあると、挿管チューブなど折れる心配がないので安心ですね。
DSC02368
また、従来の15chコイルよりも最大で2.5倍のSNを実現したということでした。
DSC02370
収集マトリクスが1024☓512(リコンマトリクス1024☓1024)でこんなに綺麗に撮影できます。約5分の撮影ですが、これだけ綺麗に撮影できるのは驚きです。
DSC02371
3D TOFもこれくらいの範囲で、高解像力に撮影できます。

DSC02373
原田さんが、盛んに強調していたのですが、頸部の分岐部は入るように設計したそうです。
DSC02374
内耳も高いSNで綺麗に蝸牛などを描出できます。

DSC02376
脊椎の写真を是非見てください。T2強調画像の反転画像(T2リバース)ですが、細かい構造を描出しています。横断像で神経の中の構造が見て取れます。これ、相当SNよくないと分解能をあげることはできないので、非常に吃驚しました。T2リバースのMRニューログラフィーもかなり綺麗です。

DSC02377
3D PBSGというのはマルチエコー型のGE法で、GE社のMERGE相当のシーケンスです。3D RSSG FatSepはGE社のLAVA−Flex相当で2point-Dixon法のwater画像です。DWIのMRニューログラフィーもこのように撮影できます。

DSC02378
日立は他社に先駆けて、3Tでマイクロスコピーコイルが使えます。

DSC02381
肩や膝の高精細撮影ができます。膝では従来からやっている引き算式のuTEの撮影も可能です。

DSC02386
この画像を見てください。正中神経の中にも構造物が見えます。

DSC02383
腹部の画像も供覧します。MRCPの評価が非常に良いそうです。画像を拝見させていただきましたが、確かに画像の均一性も高く、感度補正技術も高いと感じました。

DSC02401
4ch-4portシステム「QUARTET」でテーラメードで患者毎にRFを作成する効果が出ているのでしょうか?期待が持てますね。

DSC02404

3D T1 FS 造影Dynamic用シーケンスTIGREも非常に良かったです。RADER FAT SAT T2強調画像もモーションコレクションが入っているので非常に綺麗に撮影できます。

DSC02402

まだWIPですが、QSMやそこから作成するQSM-OEF。新しい高速撮影MRAも考えていました。ここは内緒です。

DSC02406

日立製作所ヘルスケアになりましたので、様々なソリューションを展開、組わせてイノベーション的な製品を生む可能性があります。日本のメーカに大いに期待です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Takahashi Mitsuyuki国家公務員共済組合連合会横浜栄共済病院放射線技術科

投稿者プロフィール

診療放射線技師歴はとうとう33年となりました。現在は病院の技師長職を行っています。お昼の食事交代にMRI業務をおこなっています。ようやくSigna Worksが使える環境になりました。興奮しています。今でもMRIをやっていると、新しい発見があります。そして興奮します(笑) 。このブログを通して少しでもMRIの魅力を皆さまにお伝えしたいと思います。そして、皆さんと是非繋がっていきたいと思います。宜しくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. MAGNETOM Free Max
    今年の新製品はMAGNETOM Free Max(0.55T)です! 噂の0.55Tです!…
  2. はじめに みなさま、はじめまして。東筑病院 野中 康行 と申します。 東筑病院は福岡県北九州市に…
  3. キヤノンメディカルシステムズ株式会社より「Advanced Imaging Seminar 2022…
  4. MRI検査で頭部領域の基準線をどのように決めていますか? MRI検査で最も多いであろう頭部領域の撮…
  5. インナービジョン編集部(三橋 信宏(みつはし のぶひろ)編集長)様のご厚意で、2001年のインナービ…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る