RSNA2015 その2 東芝MRIのHUD 【写真更新】

うん、これはイイね!というのは東芝MRI用に新開発されたヘッドアップディスプレイ(HUD)です。【注:カメラは無事手元に戻りました。末尾に写真を追加します。】

・・・と、ところが、

スミマセン! 写真(の入ったカメラ)をレストランに忘れてしまい、少なくとも今日は手に入らないことに。そこで、とりあえずうろ覚えの絵を描いたのでこれで説明します(^^;;

いままでのものは、目の前にミラーがあって、壁などに投影された画像を見るというものでしたが、今回の東芝のアプローチは、ガントリ内に、ドーム状(球面形状)のスクリーンを置くというものです。

スクリーンショット 2015-11-30 16.13.33

 

そして、このスクリーンは、半透過方式となっていて、頭側から投影をして、その透かした画像を患者さんが見るんですね。3次元形状のスクリーンなので、このヘッドアップディスプレイ(HUD)はとても臨場感があるとのこと。私も中に入って体験しましたがなかなか素晴らしかったです。

中から撮ったビデオ(ピントが合っているかどうか未確認)もあるんだけどなぁ・・・。

この辺りは、電器を取り扱う東芝さんの強みだそうで、テレビのREGZAなどに用いられている映像技術を用いているとのことです。ちなみにこの内容は、月曜日にプレスリリースされるそうなので、その資料をまた見て下さいね!


【追加写真】

スクリーンショット 2015-12-01 2.10.05 スクリーンショット 2015-12-01 2.10.10 スクリーンショット 2015-12-01 2.11.00 スクリーンショット 2015-12-01 2.11.12 スクリーンショット 2015-12-01 2.11.26 スクリーンショット 2015-12-01 2.11.32

 

プレスリリース

プレスリリースも届いております。

こちらからダウンロード

デフォルト 2015-12-01 16.57.22
デフォルト 2015-12-01 10.48.48

デフォルト 2015-12-01 10.49.33 デフォルト 2015-12-01 10.49.45

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tarorin

tarorin東海大学工学部 医用生体工学科 教授

投稿者プロフィール

MRIの撮像・フィルム焼き・患者導入に従事していた経験を活かし、企・技・医の中間の立ち位置を大切にしています。モットーは研究結果を中立的に判断すること、皆で研究成果を愉しむことです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…
  2. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…
  3. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  4. 第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長)の、ザイオソフトイブニングセミナーにおいて…
  5. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2017-5-11

    ルーチン検査に“ひと味”加える 〜使い方自在、三種のASL〜

    Arterial Spin Labelling:ASLとは 虎の門病院 放射線部 福澤 圭です。皆…
  2. 2017-3-31

    頭蓋内の血管壁イメージング

    臨床的な意義  - lumenography vs 血管壁 imaging 脳血管病変の画像診断は…
  3. 2017-4-25

    ISMRM2017 (25th) プレナリーセッションで長縄慎二先生が講演

    今年のISMRMは、ハワイ開催!それだけでもテンションが上がりますが、、 、、長縄慎二…
ページ上部へ戻る