RSNA2014 その8 Philips MR In-Bore Experience

Philipsは、終了間際の20分ぐらいしか見れなかったので、まずはアウトラインです。

In-bore Experience

今回は、「ボアの中での経験(In-bore Experience)」というキャッチフレーズで、Patient Comfortに関するSolutionが発表されていました。

ひとつめは、Immersive visual experience (Immersiveは「熱中できる」という意)で、鏡を使って、壁に投影された映像をスキャン中に楽しむというもの。
ふたつめは、Attentive patient guidance(Attentiveは「注意深い」という意)で、「テーブルが動きますよ」といったアナウンスが程よいボリュームで流れるもの。
みっつめは、ComforTone(コンフォトーン)といって、撮影音のリダクションです。

スクリーンショット 2014-12-01 17.52.36

実際に入ってみた

とりあえず経験しないとわからないので、入ってみました。これは入るときの光景。ヘッドコイルつけたのですが、ギリギリiPhoneで撮影するスペースがありました。

スクリーンショット 2014-12-01 17.56.35

 

↓で、これが中に入ったときの光景です。上を向いて撮影をしていますが、鏡があるので、壁に投影されている映像が見えます。ヘッドフォンをしていたので、音は記録できませんでしたが、ComforToneがONになると、かなり静かめになるので、これならたしかにコンテンツを楽しむことはできそう。
スクリーンショット 2014-12-01 17.55.58

 

↓ヘッドコイルには、こんなふうに大きめの鏡が付いています。

スクリーンショット 2014-12-01 17.55.23

ガントリの向こう側の壁には、映像が投影されていて、、
スクリーンショット 2014-12-01 18.08.54壁の投影画像は、ごらんのように、鏡でみたときに正視できるように、逆さまになっているのですね。
スクリーンショット 2014-12-01 17.55.29

 

ComforTone

コンフォトーンは、GEのSilentなどと比べるとNR性能が良くないのですが、特筆すべきことは、位置決め画像を含むすべての撮影法に有効だということだそうです。説明では、静かなシークエンスと、Noisyなシークエンスが混在していると、あまり良くないが、全体として静かになっているのが良い点だ、ということでした。説明はなるほど、ってかんじです。

 

 

スクリーンショット 2014-12-01 17.56.59

 

 

2つのMajor Software Update

今回は、2つのMajor Software Updateがあるようです。ひとつがFat-free imagingで、もうひとつがDistortion-free imagingです。

スクリーンショット 2014-12-01 17.58.08

 

Fat-free imaging

DIXON XDという製品名のようです。
Philipsでは、2 point 7 peak を使えるので、より高精度の脂肪抑制ができる、ということでした。

↓このように、従来はFFEがほとんど使えなかったのですが、今回はすべての領域にTSEもFFEもDIXON XDが使えるとのことです。これにより心臓領域や、上腹部の高速スキャンにも対応。
スクリーンショット 2014-12-01 17.57.21

↓ 左が旧来のシークエンスリスト、右が新しいもの。ご覧のように、T2、T1でそれぞれ4分を削ることができます。

スクリーンショット 2014-12-01 17.57.54

Distortion-free imaging

O-MARと呼ばれているようです。
こちらも動画で効果をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tarorin

tarorin東海大学工学部 医用生体工学科 教授

投稿者プロフィール

MRIの撮像・フィルム焼き・患者導入に従事していた経験を活かし、企・技・医の中間の立ち位置を大切にしています。モットーは研究結果を中立的に判断すること、皆で研究成果を愉しむことです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…
  2. 本日は、MRIの話ではないのですが、第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長・新宿)…
  3. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…
  4. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…
  5. チャイルド・ライフ・スペシャリストとは? チャイルド・ライフ・スペシャリスト(以下CLS)…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2018-4-9

    Web議論の場 〜 ecasebookの運用について

    副編集長の高橋でです。 新年度を向かえ、またJRCの総会も近づいてきて皆さん張り切っていらっしゃる…
  2. 2017-10-19

    検像運用について

     はじめに まだフィルム運用のころ,一般撮影のみならず、放射線検査においては撮影条件を駆使してよい…
  3. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
ページ上部へ戻る