ITEM2022 ~GEHC編~

上尾中央総合病院 石川です。
コロナ禍になってから行けておりませんでしたが、今年はITEMに参加することができました。
密を避けるため、GEHCのブースではモックアップの展示はなくAIRコイルの展示のみとなっていました。

GEHCの今年の売りは大きく2つ。SIGNA Primeと以前より打ち出しているAIR Technology です。

AIR Recon DL

今年も至る所でDeep Learningの話題が上がってました。GEHCのDLはk-space domainで行なっており、ノイズ除去だけでなくトランケーションアーチファクトの低減や尖鋭度の向上も得られます。DLReconの強度はLow、Medium 、Highの3種類から選択可能となっており、SNRが担保されている画像でも、DLR Lowを利用する事で前述の恩恵が受けられますので、使用しない手はないと思います。
特に3.0T装置に比べてSNRが劣る1.5T装置では、AIR Recon DLの効果は絶大です。
下の画像の左側がAIR Recon DL画像、右側が元画像です。SNRが大幅に改善されていることがご覧いただけると思います。

下の画像は左側が元画像、右側がAIR Recon DL画像です。同一撮像でこれほどまでに尖鋭度が向上し、骨梁が非常に明瞭に描出されています。

AIR Recon DLを使用した心臓の画像もありました。大動脈のBlack Bloodでは血管壁がとてもシャープに描出されています。

AIR MP Coil

従来のAIRコイルは縦に長いので、躯幹部を撮影するには良いのですが、膝などを撮影しようとすると、どうしても取り回しに苦労します。AIR MP Coil Large は21チャンネル(3×7)で、大きさは縦30cm×横68cmです。
胸腹部にあるコイルが従来のAIRコイル、膝にあるのがAIR MP Coil Largeとなります。
このコイルに使用されているインカワイヤーと呼ばれる新たな素子は、従来の素子とは異なり、コイル素子を重ねてもSNR低下が発生しないという特徴を持っています。しかもフレキシブルなので膝にぐるっと巻くことができ、このように使用できます。

Z方向が短いので局所の撮影で重宝しそうです。その他、心臓や骨盤腔などにも使えそうですね。以前にあったカーディアックコイルのようで、使い勝手はとても良さそうです。
また、膝専用コイルや肩専用コイルなどの専用コイルを購入しなくても良いのは、とても魅力的です。

SIGNA Prime

直感的に操作できるコンソールをコンセプトに作成されたSIGNA Primeでは、コンソール画面が一新されました。
スキャンモードには2つの設定があり、エクスプレスモードでは1検査のクリック回数を40%低減し、少ないクリックで検査を完結する事が可能となりました。一方、クラシックモードでは従来通り各種パラメータが表示され、それぞれを変更できる仕様となっています。なお、こちらのモードは検査中でも変更できます。
あまりパラメータ変更をしない頭部の検査などでは、エクスプレスモードを選択する事でオペレーターの負担を軽減できそうですね。
また、AIR x(Deep Learningを用いた自動位置決め機能)を併用する事で、よりスムーズに検査が進行できそうです。

更には電源20kVAで最短TE/TR 0.22msec/0.8msecを実現しており、これが非常に凄い事で、通常は50kVA以上が必要なんだそうです。因みにGEHCのflagship model であるSIGNA Architect(3.0T)は130kVAらしいです。ランニングコストの節約が見込めますね。

oZTEo

GEHCのBone imagingです。oZTEoにて撮像した骨画像から3Dプリンターを用いて模型を作成していました。被ばくなしでこれらの模型が作成可能です。術前のシミュレーションなどにいかがでしょうか。

oZTEoと頸部MRAを組み合わせることで、非造影にて骨と血管の解剖学的な位置情報も提示する事ができます。

おわりに

とにかく話題のDLR、当院でも使用していますが、とても素晴らしい技術です。
しかし、GEHCでは3DやRadial収集のシーケンスには未対応となっており、今後の課題となっています。特に3Dに適応可能となれば、より高速に高分解な画像が取得できるため、新たな扉が開かれると感じており、今後に期待しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石川 応樹

投稿者プロフィール

2000年に診療放射線技師の免許を取得し、最初は脳神経外科の病院に勤務しましたが、2001年に縁があり現在の上尾中央総合病院に勤務しています。
学生のころからMRIに興味があり、現在はDWIのコントラストに魅力を感じ、DWIBS検査に励んでいます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. また痛ましい事故が起きてしまいました 『MRIの作動で発生した強い磁力によって、横に置かれていた酸…
  2. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  3. MRS
    MRSって難しいですよね。 画像でイメージしやすいMRIに比べてとっつきにくいです。 でもな…
  4. インナービジョン編集部(三橋 信宏(みつはし のぶひろ)編集長)様のご厚意で、2001年のインナービ…
  5. MRI装置は各メーカーごと独自の手法により様々な画像を描出することができますね。 非造影が得意な装…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る