ISMRM2018で、Philipsが新型MRI (Ingenia Ambition)を発表 〜 ヘリウム再充填不要マグネット

2018/06/18 @ Paris

本日のISMRM2018ランチョンセミナーで、フィリップスは、最近発表した Ingenia Prodiva (1.5T), Ingenia Elithion (3.0T) に加え、第3の新機種を発表しました。この新機種はまだFDA/CE/薬事がとれていませんが、欧州では夏を目標にインストールが始まるそうです。

クエンチパイプがない「Ingenia Ambition」

このMRIは、写真を見るとわかるように、まるでCTのようです。つまり、MRIに定番の、クエンチパイプやコンプレッサーを容れる上部の突出がありません。

昨夏に発表した、Ingenia Prodiva 1.5T、今春に発表した Ingenia 3.0Tに続くフルデジタルマシンで、「Wave3」(第三の波)としての開発がなされました。

従来の「ゼロボイル」技術は、1600Lものヘリウムを使用しますし、また完全にゼロボイルではないので、少しは充填が必要です。

↓新型は、ヘリウム使用量はわずかに7L。完全にシールされているので、再充填の必要はないそうです。商品名として「Blue Seal」と呼んでいる模様。
シェーマにはありませんが、細管をはりめぐらせて、超電導状態を達成するための冷却を行います。

このシェーマにあるように、(1) 重さが1トンも減って約2トンに。(2) クエンチパイプをビル内に通す工事が不要、ということで、これは都会のビルにMRI装置を導入する際にきっと有効なソリューションと思われます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tarorin

tarorin東海大学工学部 医用生体工学科 教授

投稿者プロフィール

MRIの撮像・フィルム焼き・患者導入に従事していた経験を活かし、企・技・医の中間の立ち位置を大切にしています。モットーは研究結果を中立的に判断すること、皆で研究成果を愉しむことです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. 皆さまはじめまして。茨城県立こども病院の加藤綾華と申します。茨城県立こども病院は茨城県水戸市にある1…
  2. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…
  3. チャイルド・ライフ・スペシャリストとは? チャイルド・ライフ・スペシャリスト(以下CLS)…
  4. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  5. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2018-10-8

    脳卒中診療に革命を与えるASL

    Arterial Spin Labeling(ASL) Arterial Spin Labelin…
  2. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…
ページ上部へ戻る