GE装置でのDWIBS撮像方法 〜標準化に向けて〜

はじめに

GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代わりうる素晴らしい撮像方法です。私は、DWIBSがたくさんの施設で撮影されることを願っています。そこで、今回、皆さんのDWIBS撮影を始めるキッカケ作りになればと思い、投稿させて頂きます。内容として、GE DWIBS研究会の紹介、現在GEワーキンググループで検討しているDWIBS撮像方法の紹介です。

 GE DWIBS研究会 紹介

GE DWIBS研究会は平成28年4月に、横浜栄共済病院の高橋光幸さんを中心に発足しました。研究会は、2〜3ヶ月毎に開催しており、現在までに5回開催しました。目的は、撮像装置別の撮像法の標準化です。研究会には、こちらの写真のようにたくさんの方々が参加しています。 GE DWIBS研究会は、発表や実機での検証を和気藹々と行う、とても楽しい研究会です。

1

GE DWIBS研究会では、標準化に向けて、撮像方法を検討するためワーキンググループに分かれ、検討を行なっています。

現在、検討しているDWIBS撮像方法を3つ紹介します。

撮像方法とプロトコール

  1. 12ch Body Array Coil使用(コイルスライディング法)

コイルスライディング法で12ch Body Array Coilを使用するDWIBS撮像方法です。コイルスライディング法では、横断像と冠状断像を検討しています。まず、横断像の紹介です。

横断像を主に検討している施設は、横浜栄共済病院、静岡済生会総合病院です。使用機器は1.5T Signa HDxt、使用コイルは12ch Body Array Coilです。

コイルスライディング法とは、撮影天板を用いて、寝台と撮影天板の間にBody Array Coilを入れ、スライディングさせながら撮影する方法です。これが実際の撮影風景です。

2

なおDWIBS撮影天板は、メディカルエキスパート社から販売されています。

3

横断像の撮影条件です。3 step 撮影です。

4

横断像撮影のポイントは、Phase-FOV 0.7(35cm)、ASSET(Parallel imaging factor)2.0を用いることです。DWIの最大の敵は、歪みです。その歪みを解消するために、他社はParallel imaging factorを大きくすることで歪みを解消しています。しかし、GE装置はそれを2.0までしか上げることができません。そこで、Phase-FOV 0.7(35cm)、ASSET(Parallel imaging factor)2.0を用いることで、ASSET(Parallel imaging factor)3.5相当を実現しています。それにより、歪みを解消しています。

横断像の症例です。42歳男性 全身転移の患者です。

5

次に、冠状断像の紹介です。(なお、DWIBS冠状断撮影をさらに詳しく知りたい方は同サイト『GEでもできる冠状断DWIBS』投稿へ)

冠状断像を主に検討している施設は、焼津市立総合病院です。使用機器は1.5T Signa HDxt、使用コイルは8ch Body Array Coilです。

冠状断像の撮影条件です。3 step 撮影です。

6

冠状断像撮影のポイントは3つあります。

➀Aseet factorとPhase-FOVの併用(Aseet factor 3.5相当)

②撮像する範囲のCoilエレメントだけ使用する

(1STEPは8ch BODY Array Coil:UPPER使用、2STEPは8ch BODY Array Coil:UPPER使用、3STEPは8ch BODY Array Coil : LOWER使用)

➂周波数方向R-L、位相方向S-Iに設定し、FOVの上下にSATを入れる。

7

冠状断像の症例です。30代女性 大腸癌からの全身転移の患者です。

8

2. 12ch Body Array Coil+内蔵Body Coil使用

12ch Body Array Coilと内蔵Body Coilを組み合わせたDWIBS撮像方法です。撮影断面は横断像です。検討している施設は、けいゆう病院、船橋市立医療センター、北里大学病院です。使用機器は1.5T Signa Explorer、1.5T Signa HDxt、3.0T Discovery 750、使用コイルは12ch Body Array Coilです(なお、この撮像方法は、検証し始めて間もないため、検討中項目が多いことにご了承ください)。

9

12Ch Body Array Coilで下部を、内蔵Body Coilで上部を撮影します。

10

12Ch Body Array Coil+内蔵Body Coilで撮影した症例です。77歳男性、膀胱癌術後で化学療法も行なっている骨転移の患者です。骨シンチとの対比です。青矢印の部分は、化学療法後ということもあり、骨シンチ画像でフレア現象が起こった可能性が高いと考えます。DWIBSが有用な症例です。

11

 

3. Head+BODY+下肢コイル

Head+Body +下肢コイルでは、撮影断面AXで撮影します。検証施設は、北里大学病院、昭和大学横浜市北部病院、横浜南共済病院、新百合ヶ丘総合病院、横浜栄共済病院です。使用機器は、1.5T Optima 450W 、3T Discovery 750Wです。使用コイルは、Head+Body +下肢コイルです。これがHead+Body +下肢コイルの写真です。

12

撮影条件です。4STEP撮影です。

13

Head+Body +下肢コイルによるコイル選択です。コイル選択は以下の通りになります。

14

Head+Body +下肢コイルで撮影した症例です。56歳女性 全身転移の患者です。

15

おわりに

GE DWIBS研究会ワーキンググループでは、標準化に向け、様々なDWIBS撮像法が検討されています。

今後さらなる検討を進め、全国のGEユーザーに発信していきたいです。

 

ライター紹介

16

静岡済生会総合病院 山崎敬之と申します。投稿2回目です。現在、DWIに興味があり、もっとたくさん勉強したいです。MRIを通じて、たくさんの方々と交流していきたいです。学会などで見かけたら気軽に声をかけてください。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Takahashi Mitsuyuki

Takahashi Mitsuyuki国家公務員共済組合連合会横浜栄共済病院放射線技術科

投稿者プロフィール

診療放射線技師歴はとうとう33年となりました。現在は病院の技師長職を行っています。お昼の食事交代にMRI業務をおこなっています。ようやくSigna Worksが使える環境になりました。興奮しています。今でもMRIをやっていると、新しい発見があります。そして興奮します(笑) 。このブログを通して少しでもMRIの魅力を皆さまにお伝えしたいと思います。そして、皆さんと是非繋がっていきたいと思います。宜しくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. MAGNETOM Free Max
    今年の新製品はMAGNETOM Free Max(0.55T)です! 噂の0.55Tです!…
  2. また痛ましい事故が起きてしまいました 『MRIの作動で発生した強い磁力によって、横に置かれていた酸…
  3. MRS
    MRSって難しいですよね。 画像でイメージしやすいMRIに比べてとっつきにくいです。 でもな…
  4. キヤノンメディカルシステムズ株式会社より「Advanced Imaging Seminar 2022…
  5. はじめに みなさま、はじめまして。東筑病院 野中 康行 と申します。 東筑病院は福岡県北九州市に…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る