その検査体位は,デバイスの添付文書で許可されていますか?

その検査体位は、本当に大丈夫ですか?

近年、条件付きMR対応デバイス植え込み患者さんのMRI検査がかなり普及してきました。

脳や脊椎など多くの患者さんに恩恵をもたらしています。

ですが、今一度デバイスの添付文書を確認しませんか?

条件付きMR対応デバイスの添付文書で許可されている体位は『仰臥位もしくは伏臥位』のみであることが大多数です。

これをきちんと読むと、斜位や側臥位は許可していないと読み解けます。

MRI撮像体位一覧表

MRI撮像体位一覧表

ワイドボアの装置では悩まなくてもよいかもしれませんが、肩関節や、上肢等検査部位をアイソセンターに持ってくるために斜めの体位が求められる場合があります。

しかしこれは、『仰臥位もしくは伏臥位』から外れることを意味します。

肩体位足側

肩体位足側

条件付きMR対応デバイスの改善によって、制限が少なくなりつつありますが、依然として体位の制限は残っています。

条件付きMR対応デバイスの添付文書とMRIの撮像条件の両立を図ることが、MRI担当者の責務です。

(oct)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

※以下ドメインメールアドレスはプロバイダのフィルタが厳しく、到達率が低下しております。
確実なメール受信の為に、GmailもしくはYahooアドレスでの登録を推奨しております。

@icloud.com @me.com @mac.com @hotmail.com

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. いつもは主要血管が見やすいようにカット処理していますが、今回は血管の描出能を見…
  2. はじめに はじめまして。茨城県筑西市の協和中央病院に在籍しております、針貝昇平と申します。今…
  3. はじめに 岡山済生会総合病院の吉村祐樹です。2017年2月10日掲載の『DWIにおけるSSG…
  4. はじめまして。MRIfan.net新編集委員の昭和大学藤が丘病院の秋葉 泰紀と申します。今回は、骨…
  5. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る