RSNA2015 その5 SAMSUNGがCTを発表 [追記]

[追記] 2015/12/2  より詳しい話が聞けたので、以下にポイントを記します。

・NExCT7のネーミングについて:「7」がどんな意味なのか興味があったのですが、とくにその数値自体に大きな意味があるのではないようです。7は、比較的上位のもの、という捉え方のようでした。そういえば、BMWとかは、とりあえず7が一番上で、3とか5とかがありますし、8とか9はまだ作れますからね。

・Motion Correctionの精度について:かなり精度が高いようです。ハーフ再構成の両端部分のデータは、180度対向しているわけですが、これを用いると、測定対象がわずかにずれていることを把握可能です。このことをMotion Correctionに応用すると、高い精度が期待できるようで、一気に従来の10倍の精度が得られたとのことでした。実際に画像を拝見させていただきましたが(写真撮影付加)非常にきれいに撮像できていて驚きました。Motion Correctionが高いレベルで成立すると、次は、肺野の構造物をさらに詳細に見るための取り組みができることになりますね。


 

すでにご存じの方も多いと思いますが、サムスンがRSNA2015で、マルチスライスCTを発表しました。ブースの正面に、大きく展示されています。名前を、NExCT7 (ネクスシーティーセブン)と言います。

スクリーンショット 2015-12-01 20.57.14筐体はこのような感じ。流行りのアンビエントリングを備えています。色が変化していましたがモックアップモデルのみかも。ガントリを傾けたりは、このショーモデルではできませんでした。

スクリーンショット 2015-12-01 20.57.23気になるスペックですが、現状でわかっているところでは、

  • 128列
  • 0.625mm
  • 8cm coverage
  • 0.25s/rot

です。そして

  • Motion Correction機能(心臓)
  • Iterative Reconstruction (MBIR; Model Based Iterative Reconstruction)

を搭載しているとのことです。主任開発者はたぶん以前東芝、GEにいらした利府さん。お目にかかったのですが、沢山のお客さんの対応をされており直接インタビューできませんでした。これからのサポート体制などが大変でしょうけれど、とりあえず比較的ハイエンドの機械から出せたというのは大きいのではないでしょうか。MRIfan.netの「カテゴリー」にもSAMSUNGを付け足しました・・・という意味もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tarorin

tarorin東海大学工学部 医用生体工学科 教授

投稿者プロフィール

MRIの撮像・フィルム焼き・患者導入に従事していた経験を活かし、企・技・医の中間の立ち位置を大切にしています。モットーは研究結果を中立的に判断すること、皆で研究成果を愉しむことです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. はじめに 香川大学医学部附属病院の小畠さんからバトンを受け取りました.。 といいつつも, 実は小…
  2. インナービジョン編集部(三橋 信宏(みつはし のぶひろ)編集長)様のご厚意で、2001年のインナービ…
  3. MRS
    MRSって難しいですよね。 画像でイメージしやすいMRIに比べてとっつきにくいです。 でもな…
  4. また痛ましい事故が起きてしまいました 『MRIの作動で発生した強い磁力によって、横に置かれていた酸…
  5. MAGNETOM Free Max
    今年の新製品はMAGNETOM Free Max(0.55T)です! 噂の0.55Tです!…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る