コイルフレーム(メディカルエキスパート)( MedEx; メディックス)

東海大に、メディカルエキスパート社(MedExと略すらしい)の長瀬さんがいらっしゃいました。「コイルフレーム」というのを作ったのでぜひ見て欲しいとのことでしたが、割りと良さそうなので紹介します。

スクリーンショット 2015-04-15 8.57.13

↓熊本中央病院の協力で開発していて、こんな形状のものらしいです。

スクリーンショット 2015-04-15 9.00.38

 

説明を聞いてみると、

  • コイルが頭尾方向に傾く(胸が高く、下腹部が低くなる)のを防止できるので、背中側のコイルと並行になり、均一性を保ちやすい
  • 患者さんが「コイルが重い」と感じるのを防げる
  • 密着していないので、風通しが良くなり、暑くなるのを防げる

というのが主な利点のようです。

「患者さんの体型ごとに高さを変えられるのか」について聞いてみたところ、簡単にできるんだそうです。まだ実物を見ていないけれど、こたつに入っているときの座椅子(あの、カチカチっていって背もたれの傾きを調節できるもの)のような構造になっているそうです。

↓ 豊成さんの後ろ側の写真が、低い時と高い時を示しています。なお、ITEMで、メディカルエキスパート(MedEx)のブースで展示するとのこと(ブース番号337)。

スクリーンショット 2015-04-15 9.01.24

 

Chief Editor’s Comments

1)均一性について

シーメンスのWB-DWIの画質改善がなかなかうまく行かなかったのですが、最終的に、患者さんからコイルをすこし離すことにより、めちゃめちゃ脂肪抑制が良くなりました(シーメンス渡辺さんのアイデア)。いまのところタオルを挟んだりして使っていますが、これがあると、このMedEx社が主張するように平行にもなるでしょうし、また患者さんとの間の距離もとれるので、良さそうです。熊中で開発したのでフィリップス用とのことですが、これから他社用も開発するとのこと。なお、このようなコイルフレームは、各社、治療計画用に同様のものはあるのですが、当然70cmガントリ用。これは60cm用のもあるので、旧来の機種でも大丈夫とのことでした。

2)患者さんの不快感(重い、暑い)の防止について

元気な患者さんではそれほど問題にならないのですが、DWIBSで経過をみていると、とても調子が悪くなる方がいらっしゃいます。そのような患者さんは、ただ寝るだけでも辛いので、重さと暑さがキャンセルできるこのコイルフレームがあるといいなと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tarorin

tarorin東海大学工学部 医用生体工学科 教授

投稿者プロフィール

MRIの撮像・フィルム焼き・患者導入に従事していた経験を活かし、企・技・医の中間の立ち位置を大切にしています。モットーは研究結果を中立的に判断すること、皆で研究成果を愉しむことです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…
  2. 2019年4月のフジテレビ月9で『ラジエーションハウス』が放映決定!! 2015年10月から集英社…
  3. チャイルド・ライフ・スペシャリストとは? チャイルド・ライフ・スペシャリスト(以下CLS)…
  4. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  5. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2018-10-8

    脳卒中診療に革命を与えるASL

    Arterial Spin Labeling(ASL) Arterial Spin Labelin…
  2. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…
ページ上部へ戻る