カテゴリー:創意工夫

  • 3D-MRCP~呼吸のリズムが一定でない場合~

    当院でのMRCP検査(背景) MRCP検査では、Heavily T2強調画像を用いた手法により2D、3D撮像が行われています。 多くの施設で、3D撮像を行いMIP処理することで全体的な立体構造が把握できるため、ルーチ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3T MRI 一台運用の経験談・・・アーチファクトを中心に

    はじめに 当院では2009年4月よりGE社製Signa HDxt 3T(Ver.15)一台での運用を始めました。(2014年からは検査数増加等のニーズに対応すべく、PHILIPS社製1.5T装置を追加導入しまし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Time-SLIP法における唾液腺評価

    唾液腺は、耳下腺、顎下腺、舌下腺と小唾液腺から構成される唾液分泌器官で、その導管は口腔に開口しています。人の唾液は、1日1ℓほど分泌され、常に口腔内を湿潤させて様々な病態から人体を守っています。 唾液分泌の低下はシェー…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 非同期非造影・下肢静脈瘤の撮像(東芝装置)

    当施設では静脈瘤外来からの依頼による下肢静脈撮像を行っています。 下肢静脈の非造影撮像と言えば、FBI法 (Fresh Blood Imajing) が代表的です。FBI 法は、心電同期により拡張期と収縮期を得ることで…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 直腸癌を対象としたT2W-SPACEについて

    直腸癌について 画像診断ガイドラインでは,直腸癌の局所浸潤の評価にMRIが推奨されています(推奨グレードB)。直腸の壁構造の描出および局所浸潤の評価には高解像度のT2WIが有用で,2D-TSEによる撮像が基本ですが,断…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 死後MRI撮像の最適化~体温変化とIR法の関係~

    はじめに 〜死後MRI撮像には特別なパラメータが必要 日常業務の中で撮像条件の最適化は、患者や疾患ごとで行っていると思います。特にMRIが大好きな方は、ときに読影者が気付くかどうかもわからないような、ごく微量な撮像条件…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • より良い乳腺MRI検査のために〜Image based shimming プラス Image based positioning〜

    Chief Editor's comments 後半の、VR画像を使った脂肪抑制不良領域の防止は、これは目から鱗です。毎日の臨床を通して、同じ検査でも結果を改善しようという熱意に溢れています。どの装置でもこの工夫は応用…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 不整脈を楽しみたい ~非造影下肢動脈撮影~

    Chief Editor's comments 心電図同期と脈波同期の違いは、一般的には、「脈波同期のほうが装着が簡単」「しかし心電図同期のほうがトリガからの(とくに早期)ディレイにおいてより信頼性が高い」といった認識…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • GE社Signa HDシリーズでもDWIBSを

    みなさんはDWIBSといえばPhilips、Siemensの装置しかできないと考えていませんか? GEの装置では、Discovery750wや450wのような上位機種のみの検査だと思っていませんか? でも違うんです。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 当院でもできる!DIR (like imaging)

    当院における白質病変の検査は、今までFLAIRやSTIRを使用していました。 しかし、近年では、DIR 法で白質信号を抑制して病変検出率を向上させるテクニックもあり、当院でも行ってみたいと考えました。 DIRとは? …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

ピックアップ記事

  1. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  2. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…
  3. 第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長)の、ザイオソフトイブニングセミナーにおいて…
  4. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…
  5. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2018-4-9

    Web議論の場 〜 ecasebookの運用について

    副編集長の高橋でです。 新年度を向かえ、またJRCの総会も近づいてきて皆さん張り切っていらっしゃる…
  2. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
  3. 2017-10-19

    検像運用について

     はじめに まだフィルム運用のころ,一般撮影のみならず、放射線検査においては撮影条件を駆使してよい…
ページ上部へ戻る