▼ 第4回BodyDWI研究会 盛会の御礼・プロトコールPDF

参加御礼

昨日の第4回BodyDWI研究会は、お陰さまで想像を絶する参加者となり、開始と同時に満席となりました。

スクリーンショット 2016-02-14 11.14.18

ランチョンのお弁当もSold out、通路に椅子を出してもなお足りないという状態でした。80名→120名→164名とだんだんと増えてきていましたが、今回は合計で225名のご参加をいただきました。実施したアンケートはまだ拝見出来ておりませんが、週明けには世話人の間で共有し、今後に役立てたいと思います。

プロトコール集(PDF)

会場で配布しましたプロトコール集を以下に置きます。「閲覧用」と「印刷用」は、内容は同じですが、前者は、PCで見やすいようになっています。後者は印刷が容易になるように用紙方向を揃えてあります。ご多忙の中、提出をいただきました各病院の皆様、またこれを取りまとめて印刷物を用意していただきました大阪府立成人病センターの宮崎将平さん、また当番世話人の中西克之先生、またスタッフの皆様には改めて厚く御礼申し上げます。

第4回Body DWI研究会プロトコール集  表示用  2016/2/24(水)一部改定

第4回Body DWI研究会プロトコール集  印刷用  2016/2/24(水)一部改定

 

講演ビデオ

いくつか許可が得られるものについては、講演内容の動画を配信したいと思います。これにはしばらく時間がかかりますので、お待ち下さい。MRIfan.netからのお知らせ(メルマガ)にご登録をいただけましたら幸いに存じます。

スクリーンショット 2016-02-14 11.27.51

スクリーンショット 2016-02-14 11.28.18

次回の研究会

次回、第5回BodyDWI研究会は、8月28日(日)に、昭和大学講堂で行われます(当番世話人 信澤宏先生)。奮ってご参加ください。主会場は確保されております。また、信澤先生のアイデアで、もし小会場も確保できれば、各社ベンダーによるハンズオンセッション(5会場)を催したいとのことです。これは4月にならないと予約がとれませんので、後日ご案内をいたします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tarorin

tarorin東海大学工学部 医用生体工学科 教授

投稿者プロフィール

MRIの撮像・フィルム焼き・患者導入に従事していた経験を活かし、企・技・医の中間の立ち位置を大切にしています。モットーは研究結果を中立的に判断すること、皆で研究成果を愉しむことです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. 第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長)の、ザイオソフトイブニングセミナーにおいて…
  2. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  3. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…
  4. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…
  5. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2016-1-1

    「ガドリニウムの脳内沈着アップデート」〜あの神田知紀先生からの特別寄稿

    Chief Editor's Comments みなさん、新年あけましておめでとうございます。…
  2. 2017-5-11

    ルーチン検査に“ひと味”加える 〜使い方自在、三種のASL〜

    Arterial Spin Labelling:ASLとは 虎の門病院 放射線部 福澤 圭です。皆…
  3. 2017-4-25

    ISMRM2017 (25th) プレナリーセッションで長縄慎二先生が講演

    今年のISMRMは、ハワイ開催!それだけでもテンションが上がりますが、、 、、長縄慎二…
ページ上部へ戻る