第34回北海道MAGNETOM研究会開催(参加費無料)のお知らせ

第34回北海道MAG研が11月19日(土)に開催されます!!

今回のテーマは、「Version up Vs 新規導入装置」です。
自施設の今後につながる内容が聞けると思いますので、奮ってご参加ください。

また、本研究会は、一度ご登録いただいたユーザーには継続して研究会開催時に案内を出しております。今回のMAG研は参加費無料ですので、是非お気軽にご登録いただき今後の情報受信にお繋げください。ご自身が興味ある開催会の時にご参加いただければと思います。

開催日時:2022年11月19日(土曜)14:00〜16:25

開催方法:オンライン開催

参加費:無料

第34回 北海道MAGNETOM研究会プログラム
[開会の挨拶]                     代表幹事 畠山遼兵

[メーカー講演]

「スマート脳ドック導入で、MRIの隙間時間を有効活用」

       スマートスキャン株式会社営業企画部

シェアリングエコノミーグループ 小柳 洋也 様

【ユーザー発表①】 

「Syngo version upに伴うT2SPACEの撮像条件の検討」

中村記念病院 藤井 佑哉 様

【ユーザー発表②】 

「XA30 Version Upで使えるようになった機能~頭部MRA編~」

北海道大野記念病院 杉本 一馬 様

〜休憩〜

【メーカー発表】 

「XA30バージョンの最新情報」

シーメンスヘルスケア株式会社 金田 貴彦 様

【ユーザー発表③】 

「MAGNETOM SkyraからMAGNETOM Lumina変更での感想」   

 新さっぽろ脳神経外科病院 小林 由和 様

【ユーザー発表④】 

「Deep Resolveの超基礎特性〜臨床画像を添えて〜」   

中村記念病院  森 竜太朗 様

[閉会の挨拶]                     代表幹事 畠山遼兵

※参加登録は下記U R LもしくはQ Rコードよりアクセスの上ご登録ください

参加申込み受付期間 11月17日23:45迄となります。

北海道MAG研は2020年より年2回の研究会をオンラインにて開催してきましたが、案内が届いていないという声を多数聞いております。今回MRIfan.netさんの場をお借りして広報を行うことで全国のSIEMENSユーザーに案内が届けばと考えております。下記のリンクからpdfが参照できますので、印刷していただき施設内での共有にご協力いただけますと幸いです。

第34回北海道MAGNETOM研究会プログラム(pdf)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北川 久東京慈恵会医科大学附属柏病院 放射線部

投稿者プロフィール

MRIの奥の深さにいつも悩まされています。
おそらくゴールの見えないMRIをこれからも追い続けるでしょう。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  2. MRI装置は各メーカーごと独自の手法により様々な画像を描出することができますね。 非造影が得意な装…
  3. はじめに 香川大学医学部附属病院の小畠さんからバトンを受け取りました.。 といいつつも, 実は小…
  4. 研究用DWIBS定量化ソフト BD-Score 今回の内容は、研究用DWIBS定量化ソフトで…
  5. キヤノンメディカルシステムズ株式会社より「Advanced Imaging Seminar 2022…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る