MRIfan.netプレイバック(非造影MRA 3選)!

MRIfan.net読者の皆様

平素より記事を読んで頂きありがとうございます。編集委員の堀 大樹です。
今回はMRIfan.netプレイバックということで、様々な非造影MRAの記事をピックアップしました。
今回取り上げた記事以外にも非造影MRAについてはたくさんの記事があります。
ご興味がある方は是非、ご覧下さい。

その1

Time-SLIPにおける脂肪抑制法はCHESS or STIR?

こちらはTime-SLIP法で、「より末梢血管まで描出するならば脂肪抑制方法はSTIRを用いると良い」という記事です。

原理を理解すると、確かに納得!という面白い記事です。


 

その2

非同期非造影・下肢静脈瘤の撮像(東芝装置)

こちらは下肢静脈瘤の撮像にFBI法 (Fresh Blood Imaging) ではなく、
FSBB法(Flow Sensitive Black Blood)というあまり聞きなれない方法で撮像することで、
描出能を上げようという検討をしています。驚くほど綺麗に撮れています。

 

 

こちらはDeltaFlowと呼ばれる、東芝が開発したFBIと同様の原理を、GEに適用した撮像方法を、様々な部位に用いた記事です。

この記事から、DeltaFlowの適用可能部位は広いことがわかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Hori Hiroki

Hori Hiroki森山脳神経センター病院 FUSセンター

投稿者プロフィール

MR guided Focus Ultrasound(FUS)というMRIガイド下で行われる治療に関する研究を特に行っています。
「FUSと言えば堀」、「堀と言えばFUS」と呼ばれる男になれるように日々精進しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. 皆さまはじめまして。茨城県立こども病院の加藤綾華と申します。茨城県立こども病院は茨城県水戸市にある1…
  2. はじめに みなさま、はじめまして。東筑病院 野中 康行 と申します。 東筑病院は福岡県北九州市に…
  3. また痛ましい事故が起きてしまいました 『MRIの作動で発生した強い磁力によって、横に置かれていた酸…
  4. MRI装置は各メーカーごと独自の手法により様々な画像を描出することができますね。 非造影が得意な装…
  5. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る