Time-SLIPにおける脂肪抑制法はCHESS or STIR?

非造影MRA (Time-SLIP) を行う時の脂肪抑制法は?

Time-SLIP法で腎動脈など非造影MRAを撮影する際、脂肪抑制パルスを印加しています。使用可能な脂肪抑制法はCHESSとSTIRですが、どちらを使用するかで描出能が変わります。

末梢血管を描出したいときはBBTI値を長く設定します。しかし、CHESSではBBTI値を長くするほど背景信号が回復してくるので逆効果なことがあります。そこでSTIRを使用します。STIRではBBTI値によらず背景信号が抑制されているため末梢血管まで綺麗に描出されます。

下図は腎動脈瘤の症例です。STIRの方が末梢の描出がよいのがわかります。

図1                                    (図1)
ただし、STIRで綺麗な血管描出を行うにはコツがあります。それは、Shot intervalつまり呼吸間隔で背景信号の抑制のされ方が変化するということです。とくに問題となるのは水の信号で、尿や脊髄液が高信号として残ってしまうことがあります。この現象は、呼吸間隔ごとにBBTIの設定を変えることで改善されます。

最適な設定値は?

下図は呼吸間隔とBBTI値ごとの骨盤内を比較した画像です。最も膀胱の信号が抑制されているものを赤枠で記しました。呼吸間隔が長くなるにつれBBTI値も少しずつ長くすると、膀胱内の尿が抑制されていることがわかります。

図2                                    (図2)
患者さんの呼吸間隔の時間から適切なBBTI値を設定するだけです。呼吸間隔の時間は、呼吸同期設定画面のP-P間隔となります。

図12                  (図3)
簡単なパラメータの設定で、time-SLIP法での血管描出能は変わります。
抹消血管まで、うまく描出できないときは、一度お試しください!

ここだけは注意!

検査をうまく行うためには、呼吸間隔によって脂肪抑制法を使い分ける必要があります。STIRは図2からわかる通り、患者さんの呼吸間隔が短い場合にはBBTI値が短くなり、逆に抹消血管の描出が悪くなってしまうので注意しなければ」いけません。

Time-SLIPとは?

Time-SLIP(Time-spatial Labeling Inversion Pulse)はIRパルスを用いて血管を選択的に描出する方法です。腹部の非造影MRAを撮像するときは、Move-in法といって選択的IRパルスが印加された領域に流入してくる血液をin-flowとしてとらえます。下に模式図を示します。

図2

 

目的の領域に選択的IRパルス(180°反転パルス)を印加することで、その領域は低信号となります(背景、血管信号が抑制されます)この領域外からパルスの影響を受けていない血液が高信号として流入してきます。目的血管が描出される時間(BBTI)よりDATA収集します。

選択的IRパルスで反転された背景信号は時間(BBTI)が長くなるほど回復してくるので時間設定には注意が必要です。

ライター紹介

佐藤 秀二(順天堂大学医学部附属順天堂醫院)

図1

就職して初めてMRIに就いた約20年前「魔法の機械だな!」と思い、あれから長くMRIに携わってきましたが、未だにいろいろ悩むことも。嗚呼、MRIって奥の深い・・・。

スクリーンショット 2014-12-13 16.56.46

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  2. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…
  3. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…
  4. OsiriX LITEが最近32bitから突然64bit版変更なりました。 このためOsiri…
  5. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
  2. 2017-5-11

    ルーチン検査に“ひと味”加える 〜使い方自在、三種のASL〜

    Arterial Spin Labelling:ASLとは 虎の門病院 放射線部 福澤 圭です。皆…
  3. 2017-3-31

    頭蓋内の血管壁イメージング

    臨床的な意義  - lumenography vs 血管壁 imaging 脳血管病変の画像診断は…
ページ上部へ戻る