懸賞研究大募集!

Whole Body DWIは、みなさんもご存知のごとく盛り上がりを見せております!

!) 欧州ではとうとうDWIによって骨転移の経過観察をするほうが良いというガイドラインがでたこと
2) またMET-RADS-Pと呼ばれる読影評価システムがでたこと
3) 定量化のアプリがでたこと(http://meditools.jp)

などにより今後は一般に普及していくことが考えられます(詳しくは「臨床画像」2017年6月号の吉田宗一郎先生の記事を御覧ください)。

その時に問題となるのが、腸管内容物による残存信号です。DWIBS法は、STIRを用いることにより、もともと腸管信号をかなり抑制する効果があります(↓ 卵巣がんの腹膜播種。CHESS法では、小腸の内容物(A:脂肪抑制T1強調画像)が高信号を示しています(B)。DWIBS法ではこれが消えていて(C)、播種のみが高信号を示しています)

それでもこんなふうに↓邪魔になることが多く認められます。とくに骨盤に重なると、骨転移が分かりにくくなります。一方でまったくキレイで「透き通るようなお腹」の人もいます。

そこで次回の第8回 Body DWI研究会ではこの問題を解決しようと世話人会で考え、腸管の有効な信号抑制法を考えた人に、優勝賞金20万円(1研究)、優秀研究賞5万円(3研究)を設定して広く募集をすることになりました! どんな手段を使っても良いので、まずは、抑制する効果(絶食、食べ物、飲み物、造影剤、あるいは撮像上の工夫)を考えてアイデアを投稿して下さい!!

腸管の信号抑制法、ぜひ、みなさんの工夫をお待ちしております。募集要項についてはは、以下のBody DWI研究会の掲示を御覧ください。

http://urx.blue/FZ52


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tarorin

tarorin東海大学工学部 医用生体工学科 教授

投稿者プロフィール

MRIの撮像・フィルム焼き・患者導入に従事していた経験を活かし、企・技・医の中間の立ち位置を大切にしています。モットーは研究結果を中立的に判断すること、皆で研究成果を愉しむことです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…
  2. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  3. 第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長)の、ザイオソフトイブニングセミナーにおいて…
  4. 本日は、MRIの話ではないのですが、第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長・新宿)…
  5. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2017-10-19

    検像運用について

     はじめに まだフィルム運用のころ,一般撮影のみならず、放射線検査においては撮影条件を駆使してよい…
  2. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
  3. 2018-4-9

    Web議論の場 〜 ecasebookの運用について

    副編集長の高橋でです。 新年度を向かえ、またJRCの総会も近づいてきて皆さん張り切っていらっしゃる…
ページ上部へ戻る