冠動脈ステントは通常操作モードで!血管ステント入りのMRは注意が必要です!

ステント添付文書抜粋

上記のリンクのPDFは、現在流通している冠動脈ステント、血管用ステントの添付文書を抜粋したものです。このリストのステントはどれもMR conditionalで、条件付きでMR検査可能です。注意が必要なのが、殆どのステントが『通常操作モード』の安全性しか担保していないということです。MR検査をしていると、ついつい第1次水準管理モードにしてしまいますが、冠動脈ステントメーカーは安全を担保していません。検査部位に関係なく、『通常操作モード』で検査しましょう。

stent

上記のPDFに四肢血管用のステントのデータも載せています。

こちらは、もっと注意が必要です。

臍下のMR検査は、1.0w/kgまでしか認めていません。普通のMR装置は、通常操作モードが2.0w/kgまでscanしてしまいますので、SARの予測値を毎回確認する必要があります。

安全管理は、各施設の責任ですが、添付文書は確認するべきと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

※以下ドメインメールアドレスはプロバイダのフィルタが厳しく、到達率が低下しております。
確実なメール受信の為に、GmailもしくはYahooアドレスでの登録を推奨しております。

@icloud.com @me.com @mac.com @hotmail.com

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. また痛ましい事故が起きてしまいました 『MRIの作動で発生した強い磁力によって、横に置かれていた酸…
  2. 研究用DWIBS定量化ソフト BD-Score 今回の内容は、研究用DWIBS定量化ソフトで…
  3. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  4. はじめに「そのMRCP、もう少し綺麗にできませんか?」 みなさまのご施設でも呼吸同期MRI、…
  5. MRIfan.net編集委員を務めさせていただいている等潤病院の鈴木大介です。 アキレス腱の…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る