第3回胎児MRI研究会学術集会のご案内

テーマ「胎児肺疾患を深く学ぶ」

大会長が国立成育医療研究センターの宮嵜治先生による第3回胎児MRI研究会学術集会を2017年2月12日(日)東京慈恵会医科大学 大学1号館3階講堂で開催されます。今回のテーマは「胎児肺疾患を深く学ぶ」になります。

シンポジウム1「胎児肺嚢胞性疾患」

宮嵜先生曰く、同一症例で同一施設によるradiological-pathologic correlationの講義は必見だそうです。

シンポジウム2「先天性横隔膜ヘルニア」

画像診断医、産婦人科医、小児科医によるシンポジウムはこの研究会だからこそ実現できました。

シンポジウム3「胎児MRIプロトコルを考える」

2016年度 画像診断ガイドラインの胎児MRIの総論について宮嵜先生が解説してくれます。

ご興味のある方は是非ご参加ください!!

第3回胎児MRI研究会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北川 久

北川 久東京慈恵会医科大学附属第三病院 放射線部

投稿者プロフィール

MRIの奥の深さにいつも悩まされています。
おそらくゴールの見えないMRIをこれからも追い続けるでしょう。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…
  2. 本日は、MRIの話ではないのですが、第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長・新宿)…
  3. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  4. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  5. 第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長)の、ザイオソフトイブニングセミナーにおいて…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2017-5-11

    ルーチン検査に“ひと味”加える 〜使い方自在、三種のASL〜

    Arterial Spin Labelling:ASLとは 虎の門病院 放射線部 福澤 圭です。皆…
  2. 2016-1-1

    「ガドリニウムの脳内沈着アップデート」〜あの神田知紀先生からの特別寄稿

    Chief Editor's Comments みなさん、新年あけましておめでとうございます。…
  3. 2017-3-31

    頭蓋内の血管壁イメージング

    臨床的な意義  - lumenography vs 血管壁 imaging 脳血管病変の画像診断は…
ページ上部へ戻る