Parallel Imaging Symposium in Tokyo

Parallel Imaging Symposium in Tokyo
日   時: 2015年12月19日(土) 14:00-16:50 (13:30開場予定)
場   所: ステーションコンファレンス東京
東京都千代田区丸の内1-7-12
サピアタワー6階

交通アクセス
・JR東京駅日本橋口直結
新幹線日本橋口改札徒歩1分、八重洲北口改札徒歩2分
・東京メトロ東西線大手町駅B7出口直結
会   費: 無料
定   員: 180名

 

フィリップスのユーザ以外でもOKです。是非、ご興味のある方は参加してください!!

Neuro imaging and Science
14:00 – 14:05 開会のご挨拶
今井 裕 先生(東海大学)
14:05 – 14:15
フィリップス RSNA2015報告
14:15 – 15:15
第1部 Neuroimaging technique and clinical

座長 國松 聡 先生(東京大学病院)

ルーチン + ASL
~臨床医が求めるもの、技師が提供できるもの~

福澤 圭 先生(虎の門病院)

MSDEによるMRNeurographyの展望

丹治 一 先生(北福島医療センター)

ASLの応用技術がもたらす一歩先の血行動態評価

藤間 憲幸 先生(北海道大学)

15:15 – 15:30 休憩
15:30 – 16:40
第2部 Neuroscience

座長 水村 直 先生(東邦大学大森病院)

位相情報の活用:PADREを中心に

丹羽 徹 先生(東海大学病院)

大規模脳画像データベースから見る脳発達と加齢

瀧 靖之 先生(東北大学加齢医学研究所)

16:40 – 16:50 閉会のご挨拶

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Takahashi Mitsuyuki

Takahashi Mitsuyuki国家公務員共済組合連合会横浜栄共済病院放射線技術科

投稿者プロフィール

診療放射線技師歴はとうとう31年となりました。現在は病院の技師長職を行っています。お昼の食事交代や、夏休みなど、人が足らない時にMRI業務をおこなっています。今でもMRIをやっていると、新しい発見があります。そして興奮します(笑) 。このブログを通して少しでもMRIの魅力を皆さまにお伝えしたいと思います。そして、皆さんと是非繋がっていきたいと思います。facebookページの紹介文もメインで担当しています。宜しくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  2. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…
  3. 皆さまはじめまして。茨城県立こども病院の加藤綾華と申します。茨城県立こども病院は茨城県水戸市にある1…
  4. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…
  5. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…
  2. 2018-10-8

    脳卒中診療に革命を与えるASL

    Arterial Spin Labeling(ASL) Arterial Spin Labelin…
ページ上部へ戻る