[講演会] Parallel Imaging Symposium 12/13土

Philips MRI研究会であるParallel Imaging Symposiumの案内

今月、12月13日(土)14:30~17:50にベルサール八重洲で開催されます。多数ご参加ください。Neuro、Body、Cardiacの最新情報をお届けできると思います。

今回の研究会の趣旨ですが、脳神経領域と体幹部領域を対象に、現在国内で行われている研究内容について紹介する内容となっています。

体幹部領域

新しく登場したReleaseのアプリケーションについて、技術的内容も含めその特徴の紹介いたします。

循環器領域では、心筋の定量解析での臨床応用、特にMOLLIを用いたT1mappingやT2mappingの有用性について。さらに前立腺において拡散強調画像(ADC)を統計学モデルを用いた解析による有用性を講演頂きます。

脳神経領域

PADRE(tissue enhanced image)の臨床応用として、従来の撮像法では観察できなかった解剖学的構造や組織がPADREにより観察可能になり、臨床での有用性を講演頂きます。また、非造影の4DーMRAであるCINEMA法の有用性も併せて紹介されます。

MSDEを用いた脳動脈瘤の評価やterritorial ASL(tASL:領域別ASL)を用いた脳血管障害の診断や活用法などが紹介されます。MSDEやtASLは従来から研究されている方法なのですが、今回は新しい手法として紹介できるのではないかと思います。

研究用シーケンスを用いた講演が殆どですが、大変興味のある内容だと思います。皆様お誘い合わせのうえ、是非ご参加ください。

10845984_983656761650307_5027550777713791053_n10518861_983656791650304_3941685520638400643_n

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Takahashi Mitsuyuki

Takahashi Mitsuyuki国家公務員共済組合連合会横浜栄共済病院放射線技術科

投稿者プロフィール

診療放射線技師歴はとうとう31年となりました。現在は病院の技師長職を行っています。お昼の食事交代や、夏休みなど、人が足らない時にMRI業務をおこなっています。今でもMRIをやっていると、新しい発見があります。そして興奮します(笑) 。このブログを通して少しでもMRIの魅力を皆さまにお伝えしたいと思います。そして、皆さんと是非繋がっていきたいと思います。facebookページの紹介文もメインで担当しています。宜しくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  2. 皆さまはじめまして。茨城県立こども病院の加藤綾華と申します。茨城県立こども病院は茨城県水戸市にある1…
  3. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  4. チャイルド・ライフ・スペシャリストとは? チャイルド・ライフ・スペシャリスト(以下CLS)…
  5. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2018-10-8

    脳卒中診療に革命を与えるASL

    Arterial Spin Labeling(ASL) Arterial Spin Labelin…
  2. 2018-10-8

    mDIXON-XDを使用した非造影MRA撮像(REACT)

    はじめに こんにちは! 国家公務員共済組合連合会熊本中央病院の豊成信幸です。よろしくお願いします。…
  3. 2018-11-26

    磁気共鳴(MR)専門技術者認定試験 直前対策のご案内

    寒さも厳しくなりつつありますが、いかがお過ごしでしょうか。 2019年3月3日に行われる第14…
ページ上部へ戻る