◯◯◯症候群(ネタバレ注意)

※ネタバレ注意!

必ず、片平先生の『MRIクイズ(1)』を先にお読みください。

まだお読みでないかたは、このウインドウをそっと閉じてください。

本文は下の方にあります。

 



鎖骨下盗血症候群 – Subclavian Steal Syndrome

鎖骨下盗血症候群は、左鎖骨下動脈の起始部の閉塞・高度狭窄のため、本来、左鎖骨下動脈から左椎骨動脈へ供給されるべき血液が、右椎骨動脈→脳底動脈分岐部→左椎骨動脈(逆流)→腕の血管に血流が盗まれてしまう(盗血)症候群です(腕頭動脈が閉塞した場合は「左→右」の逆ルート)。右側の椎骨動脈から血流を奪い、左側の椎骨動脈から上肢に血液を供給するため、特に左手を挙上したり、力仕事をした際などに脳への血流が低下し、一時的に椎骨脳底動脈系の循環不全となり、めまい呂律障害脱力などの症状を起こします。

鎖骨下盗血症候群 - 模式図 

「陣の内脳神経外科」HPより引用させて頂きました。 http://www.jns.info/index.html

鎖骨下盗血症候群は上記のような症状以外に、頚動脈エコーで左椎骨動脈の逆流、四肢血圧検査(ABI【Ankle Brachial Index…足関節/上腕血圧比】)で左右上腕の著しい血圧差で見つかることもあります。

鎖骨下盗血症候群のMRI

MRIは3D-TOF-MRAで検出することは困難なため、DSA検査や造影MRAが必要となります。TOF-MRAでは左椎骨動脈が描出されませんが、もともと低形成である可能性を否定できません。SAT方向を逆(I→SをS→I)にすれば分かるかもしれませんが、通常の検査でそこまで思いつく余裕はないでしょう。

2014-10-31 13.32.15

鎖骨下盗血症候群の3D-TOF-MRA

造影MRAを撮ると、左鎖骨下動脈起始部の起始部閉塞(高度狭窄?)と、右椎骨動脈から左上腕へと逆流するルートが一目瞭然です(一番上の図表と見比べてみてください)。

2

鎖骨下盗血症候群の造影MRA

キャプションした画像では分かり辛いのですが、左鎖骨下動脈~左上腕動脈の信号は(血流低下を反映して)健側と比べて全体的に低くなってます。動脈硬化が疑われる患者さんに対しては、頚動脈エコーやABIでスクリーニングした方が良いかもしれません(この症例もABIで偶然に見つかりました)。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
fumipon

fumipon医療法人聖麗会 聖麗メモリアル病院 放射線科

投稿者プロフィール

茨城県北の脳外科専門病院にMR専従技師として勤務しています。脳脊髄検査全般、MRの原理的な話に詳しいですが、不得意分野も多数あります。興味を持った事については、徹底的に調べますが、基本的に他力本願です ( 自分で言うのもなんですけど、私は非常にめんどくさがり )。また、文体が全体的に『ユルい』のは自身の性格を反映しています。今後ともよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…
  2. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…
  3. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…
  4. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  5. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2018-4-9

    Web議論の場 〜 ecasebookの運用について

    副編集長の高橋でです。 新年度を向かえ、またJRCの総会も近づいてきて皆さん張り切っていらっしゃる…
  2. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
  3. 2017-10-19

    検像運用について

     はじめに まだフィルム運用のころ,一般撮影のみならず、放射線検査においては撮影条件を駆使してよい…
ページ上部へ戻る