カテゴリー:創意工夫

  • 検像運用について

     はじめに まだフィルム運用のころ,一般撮影のみならず、放射線検査においては撮影条件を駆使してよい画像を作る努力がされていました.もちろん読影のためです. 現在はフィルムレスでデータが画像サーバに保管されます.し…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アーチファクトは友達:片手で両手?高分解能、欲張り撮像

    編集長の高原です。MR学会でお目にかかった、新別府病院の加藤 広士さん(前記事参照)に、抜群のアイデアの投稿をいただきました! これこそ目からウロコのすばらしい撮像技術です〜。Sagittalもできちゃうんだ! …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Turbo LAVAに関して

    はじめに 腹部造影MRIでは、T1強調脂肪抑制画像を息止めで撮像することが多いと思います。一般的に撮像には20秒程が必要で、息止めの指示が呼気であると、かなり患者さまに負担がかかるものと考えます。 当院のMRI装置で…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「ちょっとHeavy T2 IDEAL」で腕神経叢を描出する(動画付き)

    一般的に、腕神経叢の描出に用いられるシーケンスと言えば、DWIやSTIRを使っている施設が多いと思いますが、今回は「ちょっとHeavy T2 IDEAL」を使った腕神経叢撮像の紹介をします。 IDEALとは? 水と脂…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • WARP EPISODE

    WARP EPISODE:1/新たなる出会い はじめまして、初投稿をさせて頂く獨協医科大学越谷病院 放射線部 大橋一範です。 今回、磁化率アーチファクトの抑制テクニックであるWARPアプリケーションについて語りたい思い…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ルーチン検査に“ひと味”加える 〜使い方自在、三種のASL〜

    Arterial Spin Labelling:ASLとは 虎の門病院 放射線部 福澤 圭です。皆さんはArterial Spin Labelling(以下ASL)を使っていますか?今回はPHILIPS社のASLに関す…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • STIR-PROPELLER (T1-FLAIR PROPELLER改) の有用性:整形領域

    新装置を導入したら救急からの緊急MRI依頼が増えた! 当院では13年使用した国内メーカー1.5T装置からのreplaceで、2013年3月にGE社製Optima 450W(1.5T装置)を導入しました。3次救急病院とい…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • DWIにおけるSSGRとCHESS, STIRについて(補足説明)

    (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pulseのスライス幅については、府中病院の北美保先生が、Simens社、Philips社と膨大なやり取りをして、おびただし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • EOB-MRIによる肝の性状評価について

    はじめに MRIを愛する皆さん、こんにちは! 本サイトに初投稿をさせて頂く、大垣市民病院の小川定信と申します。宜しくお願いします! さて、日本でGd-EOB-DTPA(以下EOB)が使用可能となり、かなりの…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Gd-EOB-DTPAによる肝細胞造影相について

    はじめに 皆さんご存知の通り、Gd-EOB-DTPAは2つの有用性を持っています。一つは従来のガドリニウム造影剤と同じくDynamic撮像により血流動態を把握できること、そしてもう一つは静注後15~20分程度で肝細胞造…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

ピックアップ記事

  1. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  2. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…
  3. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…
  4. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…
  5. 第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長)の、ザイオソフトイブニングセミナーにおいて…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
  2. 2017-4-25

    ISMRM2017 (25th) プレナリーセッションで長縄慎二先生が講演

    今年のISMRMは、ハワイ開催!それだけでもテンションが上がりますが、、 、、長縄慎二…
  3. 2017-3-31

    頭蓋内の血管壁イメージング

    臨床的な意義  - lumenography vs 血管壁 imaging 脳血管病変の画像診断は…
ページ上部へ戻る