2019 謹賀新年 〜 Editorからのメッセージ

MRIfan.netの読者の皆さま、あけましておめでとうございます!Editorからのメッセージです。各々、「今年の取り組みと近況」を書きました!今年もよろしくお願い申し上げます。

【Taro】
新年あけましておめでとうございます。おかげさまでMRIfan.netは累積300万ページを超え、月間10万ページに近い数字を記録することも稀ではなくなりました。みなさんにご愛読していただき心より御礼申し上げます。

【今年の取り組みと近況】
昨年は、ecasebookと呼ばれるコミュニケーションシステムを試用してみましたが、これを拡充させ、意欲能力のある方に、ウェブ上での教室を開いていただけたらと思っています。そのために、まず自分でDWIBSのケースレビューなどを始めたいと思います。また、MRIfanやtarorin.comの中だけでなく、”note” のような一般に開かれたところでも言論をしたいと思っています(「平成の終わりに、痛くないMRI乳がん検診をはじめて」)。ぜひよろしくお願い申し上げます。


【Mitsumri】
読者の皆さま、横浜栄共済病院@高橋です。新年あけましておめでとうございます。MRIfan.netは2014年の秋に開設し、5年目に突入しようとしています。これまでの皆さまの評価はどうでしょうか?とても多くのアクセスをいただいていますので、評価はいただいているものと思います。

【今年の取り組みと近況】
昨年はBody DWI研究会、GE DWIBS研究会、Body MRI技術研究会にて、DWIBSの普及活動を行なってきました。今年も底辺を拡げる活動を頑張りたいと思います。プライベートでは何かやりたいなーと考えています。スポーツ?野菜作り?なんだろう?何か他に集中できることを見つけたいと思います。


【Kitagawa】
皆様、新年明けましておめでとうございます。今年も新鮮でかつ鮮度の良い記事をアップいたしますので是非ご賞味(見)ください。今年もMRIfan.netをよろしくお願いいたします!!

【今年の取り組みと状況】
昨年は胎児MRI研究会の大会長や新しい研究会の立ち上げなどなど様々なことに挑戦した年でありました。今年もいろいろなことに挑戦したいのですが、そのためにも体力も必要なので基礎体力アップということでゴルフをまた始めてみようかな?と思っております。


【Matsu】
皆さま、あけましておめでとうございます。5年目に突入しているMRIfan.net。
今年も引き続きよろしくお願いいたします。多くの有用な情報を提供し、その工程には相違があっても、最終的にはどのメーカーの装置でも同じような創意工夫がができることが私のテーマです。そんなMRIの世界を皆様と共有し、少しでもお役に立てればと思います。

【今年の取り組みと近況】

新しい職場に移り3年目になります。最新機種を使いこなすにはまだまだ至らず日々勉学に勤しんでおります。昨年よりユーザーとメーカー開発部とが問題点を話し合うMeetingを行っております。ユーザー目線からの装置の改善を行い、より一層の使いやすさに貢献できればと思います。DWIBSをはじめユーザー間での情報提供も地域の枠を出ない面が多いため、全国展開できるよう情報発信していきます。また、転職後、2年連続で画論において賞を頂きました!この先も継続できるよう精進していきます。


【Fumipon】
新年あけましておめでとうございます。リレーエッセイ『RADっていいとも』を次回分より担当する事になりました。
皆様のもとに突然に私からの依頼メールやメッセージが届くと思いますので、その節はよろしくお願いいたします。

【今年の取り組みと近況】
昨年から茨城Signaユーザーズミーティングの代表世話人に返り咲いたり、機械学習の研究に首を突っ込んでみたり、あちこちの勉強会に顔を出したり、慌ただしい一年だったと思いますが、今年もこの流れが続きそうです。
本業の方でも、10月に新たな分院(クリニック)の立ち上げを手伝ったり、新人教育に関わったり、とても充実した一年でした。今年も一年がんばります。


【Hori】

読者の皆様、明けましておめでとうございます。MRIfan.netに関わらせて頂いてはや2年が経とうとしています。振り返るとMRIfan.netには数多くの記事がアップロードされ、多くの皆様から反響を頂きました。これも読者の皆様をはじめ、記事を投稿して下さる先生方のおかげに他なりません。今年も微力ではございますが、皆様に楽しんで頂けるような記事が配信できるように精進して参ります。本年もどうぞ、よろしくお願い致します。

【今年の取り組みと近況】

一昨年度より神奈川GE MR Users Meetingの代表世話人として活動させて頂いています。まだまだ未熟ですが、頼りがいのある仲間や偉大なる先輩方の力を借りて、研究会や関東合同Users Meetingなどを開催し、MRIを楽しみながらスキルアップできる取り組みを進めておりました。今年の神奈川GE MR Users Meetingは昨年よりさらに参加者の皆様が楽しめる、参加したくなるようなイベントを発足する予定です。他県、他ユーザーの方も広く受け入れている研究会なので、皆様のご参加お待ちしております。


【Furukawa】

MRIfan.net読者の皆様 新年あけましておめでとうございます。正式に編集委員となり半年が経過いたしました。まだまだ慣れておらず、至らない点もあるかと思いますが、今年は沢山の創意工夫の記事を担当すべく、頑張っていきたいと思っております。読者の皆様のお力もぜひお貸しください。どうぞよろしくお願いいたします。

【今年の取り組みと近況】

現在、新規の研究会を立ち上げるべく、皆様のお力をお借りしながら一歩ずつ前に進んでいるところです。全国の皆様が対象となる新しいスタイルのものとなる予定ですので、その時はどうぞよろしくお願いいたします。


【matsushita】

みなさま 新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

【今年の取り組みと近況】

全身DWIBSドックをはじめ、DWIBSによる乳がんドックなど、常に新しい取り組みができたらと考えています。少しでもみなさまに、情報を発信できるように頑張ります。


【Mariko】
MRI fan.net 読者の皆様 新年あけましておめでとうございます。著名な先生方の中、恐縮ながら今年度から委員として加わらせて頂きました。若輩者ですが、皆様に楽しんで記事を読んで頂けるよう頑張ります。本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

【今年の取り組みと近況】
私の所属する病院は、昨年10月に二つの病院が統合して開院致しました。地域の二次救急医療を担当する中核病院を目指しています。異なる病院に勤務していたスタッフ同士が共に働くということで、業務内容のすり合わせや運用方法、新装置のプロトコル作成や基本ルーチンのベース作りなど、試行錯誤の日々が続いています。新しい取り組みを軌道に乗せるのはエネルギーが必要ですが、今後も頑張っていきたいと思います。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Takahashi Mitsuyuki

Takahashi Mitsuyuki国家公務員共済組合連合会横浜栄共済病院放射線技術科

投稿者プロフィール

診療放射線技師歴はとうとう31年となりました。現在は病院の技師長職を行っています。お昼の食事交代や、夏休みなど、人が足らない時にMRI業務をおこなっています。今でもMRIをやっていると、新しい発見があります。そして興奮します(笑) 。このブログを通して少しでもMRIの魅力を皆さまにお伝えしたいと思います。そして、皆さんと是非繋がっていきたいと思います。facebookページの紹介文もメインで担当しています。宜しくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  2. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…
  3. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…
  4. チャイルド・ライフ・スペシャリストとは? チャイルド・ライフ・スペシャリスト(以下CLS)…
  5. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…
  2. 2018-10-8

    脳卒中診療に革命を与えるASL

    Arterial Spin Labeling(ASL) Arterial Spin Labelin…
ページ上部へ戻る