7/21(土)@品川 Philips Summer Seminar 2018 〜画像診断エキスパートのこれから

7/21(土)午後のイベントについて、フィリップス社から連絡をいただきました。開催概要を下に示します。

「First Time Right」というのは聞き慣れないことばですが、First Timeは「最初の時」、Rightは「正しい」という意味なので、早い段階で、正しいこと(診断・治療)に向かうことができる、といった意味合いのようで、以下にも説明があります。

Philips Summer Seminar 2018 〜画像診断エキスパートのこれから

〜 First Time Right のアプローチによるソリューション〜

医療の世界において、いま米国を中心にValue based careという考え方が広がりつつあります。一方私共フィリップスでは、現在“First Time Right (以下FTR)”という指針で製品開発とサービスの提供を行っております。

FTRとは “いち早く診断を確定させるため、より低コストで診断のアウトプットを最大限にすることを目指したアプローチです。

今回の講演では、MR、CT、DXRのそれぞれの最新装置を使用した頭部、心臓、腹部、整形の各領域でのFTRに基づいたsolutionをご講演いただきます。

また、特別講演としてAI(人工知能)の基本と臨床応用の講演も予定しております。

*登録ページはこちらです。:www.philips.co.jp/FTR2018

日 時:2018年7月21日(土) 14:00~18:00
会 場:東京国際フォーラム 7階 ホールD7(東京都千代田区丸の内3-5-1)
定 員:200名
代表世話人: 山下 康行 先生 (熊本大学大学院生命科学研究部 生命情報分析医学講座放射線診断学分野)

プログラムPDF

 

第一部

座 長:山下 康行 先生(熊本大学大学院生命科学研究部 生命情報分析医学講座放射線診断学分野)

基調講演

Value based careとFirst Time Right ~新しい時代の画像診断~

演 者:隈丸 加奈子 先生(順天堂大学医学部 放射線診断学講座)

心臓領域

マルチコントラストがかなえる治療に直結する心血管病変の診断

演 者:真鍋 徳子 先生(北海道大学病院 放射線診断科)

脳神経領域

脳神経疾患の初療におけるArterial Spine Labelingの役割

演 者:新谷 好正 先生(小樽市立病院 脳神経外科)

第二部

座 長:五島 聡 先生(岐阜大学 医学部附属病院 放射線部)

腹部領域

腹部領域におけるFirst Time Rightを考える

演 者:片平 和博 先生(熊本中央病院 放射線科)

診断支援領域

First Time Rightに求められる検査画像とは

演 者:麻生 智彦 先生(国立がん研究センター中央病院 放射線技術部)

特別講演

機械学習の基本と臨床応用

演 者:中浦 猛 先生(熊本大学大学院生命科学研究部 生命情報分析医学講座 放射線診断学分野)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. OsiriX LITEが最近32bitから突然64bit版変更なりました。 このためOsiri…
  2. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…
  3. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…
  4. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  5. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
  2. 2018-4-9

    Web議論の場 〜 ecasebookの運用について

    副編集長の高橋でです。 新年度を向かえ、またJRCの総会も近づいてきて皆さん張り切っていらっしゃる…
  3. 2017-10-19

    検像運用について

     はじめに まだフィルム運用のころ,一般撮影のみならず、放射線検査においては撮影条件を駆使してよい…
ページ上部へ戻る