あたまの固定具

2種類の頭部用固定具を紹介します。

膨らますタイプと脱気するタイプ

試用させていただいたのは、送気によってスペーサーを膨らませ、頭部とコイル間を埋めるタイプ(白)と、脱気によって頭部を包み込むように固めることで頭部を固定させるタイプ(青緑)の2種類。

DSC_0554

  • (白・送気型)PEARLTEC Multipad Duo03  東洋メディック株式会社 大きさ17×11cm 厚さ 2~5cm
  • (青緑・脱気型)KBM e-Colle MPU028048M (MRI用) 神戸バイオメディクス株式会社 大きさ28×48cm  厚さ2cm

使用したコイル

DSC_0551

invivo社製32チャンネルヘッドコイル(Philips)
初代ガンダムに登場するガンタンク似のコイルです。(^^)
専用のヘッドホンが装着できる程度、耳元に余裕あり。(中に見えるオレンジ色の部分もコイルです。)

PEARLTEC Multipad Duo03(送気型)

膨らますタイプホールド性能は抜群です。また、隙間にポンと入れるだけなので装着も簡単。
今回試用したのはMultipadのラインナップの中で最も小さなものです。小さなタイプでは圧力がピンポイントに集中し易く、耳元の圧迫感が強く感じられました。耳が痛くならない程度に圧力を加減する必要があるため、患者さん本人に調整をお願いしたほうが良いかもしれません。加減圧の操作は手元で簡単にでき、「フィットするまで空気を入れて下さいね!」、「痛くなったら、緩めてね!」と伝えて検査すれば安心です。

DSC_0537DSC_0542

KBM e-Colle MPU028048M (MRI用)(脱気型)

脱気するタイプのフィット感は抜群です。e-Colleは頭部専用品ではない汎用の固定具ですが、今回用いたコイルには適当な大きさでした。(少しだけ厚みが足らなかったためスポンジを使用しています。:図内でねずみ色に見える部分)
予め e-Colleの内容物を左右に寄せるようにしてコイル内に敷いておき、後頭部は固まらないようにするのがポイントです。
後はそっと寝て貰い、頭を包み込むように抑えながら脱気すると抜群のフィット感が得られます。操作も思いのほか簡単でした。被験者いわく、ホールド性は①よりやや弱く感じるものの、圧力を感じる部分が分散されているため「心地よく固定されている」感じがするとのこと。長時間でも安心して利用できそうです。

DSC_0545

DSC_0547

共に優れた固定具です。
是非、お試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Tanji

Tanji北福島医療センター 画像センター 放射線技術科主任

投稿者プロフィール

MRI専従歴25年超。温故知新をモットーに今も業務に励んでいます。興味処のキーワードは躯体部・乳腺・脊椎・拡散・脈管・パルスシーケンスなど。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  2. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…
  3. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…
  4. 本日は、MRIの話ではないのですが、第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長・新宿)…
  5. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2017-10-19

    検像運用について

     はじめに まだフィルム運用のころ,一般撮影のみならず、放射線検査においては撮影条件を駆使してよい…
  2. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
  3. 2018-4-9

    Web議論の場 〜 ecasebookの運用について

    副編集長の高橋でです。 新年度を向かえ、またJRCの総会も近づいてきて皆さん張り切っていらっしゃる…
ページ上部へ戻る