はじめに

はじめまして、愛知県瀬戸市にある公立陶生病院の中村 幸弘と申します。

当院は名古屋市の東に位置する30診療科、ベッド数633床の公立総合病院です。
今回、14年使用したMR装置のアップグレード(SIEMENS MAGNETOM Avanto→Avanto fit)を行いました。
AvantoはロングボアでZ方向の均一性に優れ、Slew lateが125T/m/sから200T/m/sに向上することから、BodyDWIに非常に適した装置であるといえます。

そこで、わがままを聞いていただいて、DWIBS解析ソフト「BD Score pro」を購入していただきました。
「BD Score」は愛知県初、「BD Score pro」は全国初の納入とのことでしたので、この場をお借りして簡単に紹介させていただきたいと思います。

まず、BD Scoreについて…

BodyDWI研究会に参加されている方はご存じかと思いますが、「BD Score」は、DWIBSのDiffusion画像とb=0の画像からADC値を計算し、tDV(total Diffusion Volume:ADC低値の領域の体積)を求めるソフトウエアです。

複数ステーションに分かれた画像を自動でつなぎ合わせを行い、ウインドウ調整もある程度行ってくれます。アキシャル画像でも、ダイレクトコロナルの画像であってもOKです。

目的とする領域を選択してヒストグラム表示も可能で、尖度や歪度といったADCの統計計算も可能です。

そして、BD Score proは…

BD Score proで新たに追加された機能は大きく2つあります。
ひとつ目は、T1やT2など、同時に読み込んだ画像とのFusionがワンクリックで簡単に行えるようになったことです。

Fusion画像のAxialのMPRも、ワンクリックで作成・PACS転送まで行うことが可能です(技師にとってうれしい機能です)。

ふたつ目は、過去の画像を並べて表示が可能になったことで、Fusion画像なども容易に比較参照が行えるようになりました(これは画像診断医や臨床医の先生方にはうれしい機能ですね)。

BD Score proでは、画像のつなぎ合わせや、反転、各StationのWindow調整など、煩雑だったBodyDWIの後処理をかなり軽減してくれます。

薬機未承認ということで、今のところあくまで研究用ソフトではありますが、もっともっと改良が進んで、BodyDWIが日常臨床で広く活用される日に向けて、微力ながらお手伝いができたら…と考えています。
《左から、販売代理店Tip-Runの紙谷(かみたに)さん、PixSpace社長 阪本さん、私です》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. MRI装置は各メーカーごと独自の手法により様々な画像を描出することができますね。 非造影が得意な装…
  2. はじめに みなさま、はじめまして。東筑病院 野中 康行 と申します。 東筑病院は福岡県北九州市に…
  3. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  4. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  5. MRS
    MRSって難しいですよね。 画像でイメージしやすいMRIに比べてとっつきにくいです。 でもな…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る