カテゴリー:Other Writers

  • 非同期非造影・下肢静脈瘤の撮像(東芝装置)

    当施設では静脈瘤外来からの依頼による下肢静脈撮像を行っています。 下肢静脈の非造影撮像と言えば、FBI法 (Fresh Blood Imajing) が代表的です。FBI 法は、心電同期により拡張期と収縮期を得ることで…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 不整脈を楽しみたい ~非造影下肢動脈撮影~

    Chief Editor's comments 心電図同期と脈波同期の違いは、一般的には、「脈波同期のほうが装着が簡単」「しかし心電図同期のほうがトリガからの(とくに早期)ディレイにおいてより信頼性が高い」といった認識…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.net用に書き起こしてもらったものです】 自己紹介 国家公務員共済組合連合会 平塚共済病院の内山 祐一(うちやま ゆう…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 第4回BodyDWI研究会 プロトコール発表スライド

    初めて行いましたプロトコール大会のまとめをこちらで公開いたします。 全11施設、いろんな工夫がなされています。ぜひ参考にしていただければと思います。 16:30〜 新たな取組み!!無制限1本勝負-各施設プロトコール大…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 動いているものが止まっているように!!

    Signa甲子園2015金賞をいただいた内容です。中央が筆者 背景 皆さんの施設では呼吸が止まらない患者さんの腹部造影検査をする時、どうしていますか?高齢者の方々や全身状態の悪い方に造影時の20秒弱の息止めは大変…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 難聴とめまいの MRIについてのピットフォール

    みなさん、こんにちは。 今日は長縄慎二先生(名古屋大学 放射線科)より原稿を頂戴しましたので早速紹介いたします! はじめに 読者の皆さんも日々、難聴やめまいの精査目的で 内耳、小脳橋角部のMRI を撮影したり読影し…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RADっていいとも 素敵な仲間とのペンリレー(22) 梶迫正明

    題名:MRIとの関わり 福井大学医学部附属病院の金本雅行さんから「RADっていいとも」のバトンを受け取りました。金本さんとは金沢大学の同級生で、学生時代よく一緒にお酒を飲んで酔っぱらっていた思い出があります。自己紹介な…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 時には有用、頭部Direct Coronal DWI!

    当院の救急外来では、めまい、吐き気、脱力、しびれ、構音障害、感覚障害などの神経症状から脳梗塞を疑うとき、積極的にMRI検査が選択される。 下の図は、右上肢感覚障害、右上下肢麻痺(極軽度)にて診察上、脳幹梗塞を疑われたた…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「ガドリニウムの脳内沈着アップデート」〜あの神田知紀先生からの特別寄稿

    Chief Editor's Comments みなさん、新年あけましておめでとうございます。 昨年はMRIfanをご愛顧いただきまして、ありがとうございました! 本年も編集部一同がんばります。2月はじめには、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RESOLVEの技術について(SIEMENSユーザより)

    Readout Segmentation of Long Variable Echo-trains(RESOLVE)技術って? DWIの敵は”歪み”です。歪み低減のために通常はecho spaceを短縮します。具体的に…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

ピックアップ記事

  1. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…
  2. 本日は、MRIの話ではないのですが、第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長・新宿)…
  3. 第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長)の、ザイオソフトイブニングセミナーにおいて…
  4. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…
  5. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2017-3-31

    頭蓋内の血管壁イメージング

    臨床的な意義  - lumenography vs 血管壁 imaging 脳血管病変の画像診断は…
  2. 2016-1-1

    「ガドリニウムの脳内沈着アップデート」〜あの神田知紀先生からの特別寄稿

    Chief Editor's Comments みなさん、新年あけましておめでとうございます。…
  3. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
ページ上部へ戻る