RADっていいとも 素敵な仲間とのペンリレー (18) 磯嶋志保

題名:知れば知るほど、もっと知りたくなる:MRIが好き!!

image2

三重大学医学部附属病院の磯嶋志保と申します。私のような若輩を紹介していただきました製鉄記念八幡病院の大下剛史さんに感謝いたします。

自己紹介

岐阜医療技術短期大学(現:岐阜医療科学大学)を卒業し、三重大学病院に就職してから10年が過ぎました。今は病院のある三重県津市に住んでいますが、実家は伊勢神宮に程近い五十鈴川の畔にあります。趣味は旅行スキューバダイビングですが、昨年思い立って富士登山に挑戦しました。買ったばかりの登山靴を履いての苦しい初登山でしたが、頂上から拝んだ御来光にとても感動しました。

image1

MRとの出会い

短大時代、MRIが大の苦手だったため、就職後しばらくしてMRIに配属された時も、「嫌だなぁ」と思いました。私が最初に触れたMRI装置はGE のSigna Horizon HDです。先輩のピンチヒッターとしてSigna甲子園に参加したのは、MRIを始めて日も浅く、日々の検査をこなすのが精一杯の頃でした。A satとAssetを間違えたことさえ気付かず、恥ずかしい思い出ばかりの初発表でしたが、会場の皆が楽しそうにMRIの話をしている様子に驚き、「そんなに楽しいなら私も勉強してみよう」と思いました。

しばらくして私を指導してくれていた先輩がMRIを離れることになり、聞けばすぐ教えてもらえる環境から、自分で考え解決しないといけない環境に放り出されたことも私にとってプラスでした。依頼した先生の要望に応えようと勉強の毎日でしたし、放射線科の先生に「この症例の時にどうしてCoronalを撮らなかったの?」なんて怒られたことも何度もありますが、悔しくて必死で勉強したあの頃があったからこそ、MRIが好きと言える今の私がいるのだと思います。

三重大学病院のMRI

現在、PhilipsのMRI装置が4台(Ingenia3.0T×2、Achieva1.5T、Ingenia1.5T)稼働しています。MRIに精通した先輩方と一緒に仕事ができる、指導していただける環境にいられることが幸せです。最近では、後輩技師さん達がローテーションでMRIに回ってきてくれるため、以前に比べ賑やかになりました。

image3

現在

MRIに関わり始めてから8年近く経ちましたが、「知れば知るほど、もっと知りたくなる」のが私にとってのMRI。毎日が勉強で、昨日より良い画像を撮ろうと日々奮闘中です。予想と違う画像が出て、何が悪かったのだろう?と考えている時間も好きです。最近では、先輩の愛のこもったご指導の下、学会発表なども経験させていただいています。以前は「実際の患者様を撮影してこそMRI」と思っていましたが、先輩のお手伝いや発表の準備でファントムを使った実験を行う機会があり、基礎実験なども面白いかも…と思い始めました。

勉強会などを通じて他施設の技師さんと知り合う機会も多くなり、MRIでの繋がりが広がっていくことがとても楽しいです。私はまだまだ未熟者です。職場のみならず、多くの先輩方に育てていただいていることに感謝し、見守って下さる先輩方の期待に応えられるよう、もっともっと頑張りたいと思います。

次の方は

このペンリレーを刈谷豊田総合病院の大久保裕矢さんにバトンタッチします。大久保さんともMRIを通じて知り合いました。宜しくお願いいたします!

RAD2

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. 第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長)の、ザイオソフトイブニングセミナーにおいて…
  2. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  3. OsiriX LITEが最近32bitから突然64bit版変更なりました。 このためOsiri…
  4. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  5. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2018-4-9

    Web議論の場 〜 ecasebookの運用について

    副編集長の高橋でです。 新年度を向かえ、またJRCの総会も近づいてきて皆さん張り切っていらっしゃる…
  2. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
  3. 2017-10-19

    検像運用について

     はじめに まだフィルム運用のころ,一般撮影のみならず、放射線検査においては撮影条件を駆使してよい…
ページ上部へ戻る