投稿者プロフィール

tarorin

tarorin東海大学工学部 医用生体工学科 教授

東京都出身、秋田大医学部卒。
最初は小児科に就職。外来業務が実に楽しかったのですが、Edelmann先生の新刊上の「脳のタテ斬り画像」に衝撃を受け放射線科に。佐藤俊彦先生の指導により、就職した獨協医大と、派遣先の鷲谷病院で、島津SMT-150Xと、Independent Console付きGE Signa Advantageの新規導入・撮像・診断に18ヶ月間の長きに渡り主担当として携わる幸運に恵まれました。
1999年に聖マ医大の石川勉教授に許しをいただき、当時としては本邦発の「助手の書いた単著」(MRI自由自在)を刊行させて頂くことができました。高橋光幸さんや多くの有能な技師さんと一緒に「MRI応用自在」も刊行させていただいています。東海大学の今井裕教授と2004年にDWIBS法を発表し、これがきっかけとなり蘭ユトレヒト大学で4年働き、今も本法の普及に務めています。
脂肪抑制の造影MRA、小腸のCine MRI、フェリセルツの陰性造影化(MRCP)、MR-Neurographyなどを研究してきました。

tarorin一覧

  • DWIBSのWindowとFusion設定の際に注意すべきポイント

    はじめまして。岡山画像診断センターの杉本昂平と申します。 私は先日開催された第13回Body DWI研究会のハンズオンセッションにて、DWIBSのWindowとFusionの設定について高原先生に直接指導していただ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • MRIの歴史を変えるヘリウムフリーとは?(Philips MR Virtual Summit 2020) 8/3(月)18時〜

    PhilipsからWebイベントのお知らせです。最近は更にヘリウムの供給が不安定になり価格が上昇していますので、ヘリウムフリーは大変魅力的です。潜在的な危険であるクエンチも防ぐことができますね。 またVital E…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 気持ちが伝わるプレゼンテーション(関根鉄朗先生の感想)

    日本医大の関根鉄朗先生が、「気持ちが伝わるプレゼンテーション」の感想をFaceBookにくださいました。 関根先生は、気鋭のCareNeTVでCT読影術の講師も務めています。 とても鋭い観点で丁寧にま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 片平和博先生ランチョン + イントロ動画のメイキング

    JRC2020webが開催されました。 JRS → 共催セミナー の一番下のアイコン「PHILIPS」のところに、このランチョンセミナーはあります。見つけられますか? サムネイルは小さいけれど、超弩級…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • JRS 特別企画「気持ちが伝わるプレゼンテーション」

    日本医学放射線学会(JRS)では、青木茂樹会長、隈丸加奈子先生、堀正明先生のご厚意で、 「気持ちが伝わるプレゼンテーション」の特別企画をいただきました! ものすごく(本当に!)準備と練習を重ねて行いましたので…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 第13回 Body DWI研究会のご案内(ウェブ開催) 6/7 基本事項 6/19 撮像技術 7/5臨床応用

    今般、MR学会のホームページ(下端)にあります通り、全身MRI(前立腺がん骨転移)が保険適用となりました。 日本医学放射線学会によれば、これまでに全国の58施設(下端)が認定を得ています。 本検査の画像をどの…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSNA2019レポート 〜 esaote G scan(角度可変MRI)

    こちらは、以前からありますが、イタリアのesaote(エサオテ)という会社の角度可変MRIです。 説明をしてくれたイケメンのイタリア人男性。 下の写真の左が仰臥位、右が立位です。L5がS1に対して前方…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSNA2019レポート 〜 United Imaging

    United Imagingに関しては、昨年既報ですが、中国で設立された(すでに)フルラインナップの医療機器製造メーカーです。 今年のブースはさらに大きく、キヤノンの向かいにあり、大きさは2/3程度でした。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSNA2019 レポート 〜 Mobius VERSO(角度可変CT; 立位可能)

    今回のRSNAでは立位ができる断層装置を見て回ったのですが、その中で最大の驚きがMobiusという会社の角度可変CTでした。 ボストンを本拠地とするこの会社は、いままでに ario と呼ばれる手術用の大口径CTを作って…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 書評2冊 「Passion(パッション)」「CT読影レポート、この画像どう書く?」

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

ピックアップ記事

  1. 2019年4月のフジテレビ月9で『ラジエーションハウス』が放映決定!! 2015年10月から集英社…
  2. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…
  3. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…
  4. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…
  5. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…
ページ上部へ戻る