パーシャルサチュレーション法 (パーシャルサチュレーション法:partial saturation method)

パーシャルサチュレーション法 (パーシャルサチュレーション法:partial saturation method)

MRIで頻用されるスピンエコー法では、撮像時間が長いという欠点があるが、TRをあまり短くすると信号強度が落ち画像が劣化する。そこで、用いている高周波パルスを短くして、ある角度(α)だけスピンを倒す(partial flip angle)と、TRを短くしてもスピンの回復は速く強い信号が得られる。この方法に傾斜磁場を反転させることによりエコーを得る方法(グラジエントエコー)を併用し、高速撮像を行うことができる。TR、TE,αを変えることによりT1及びT2強調画像を得ることができる。(北川)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. MRS

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る