片平和博先生ランチョン + イントロ動画のメイキング

JRC2020webが開催されました。

JRS共催セミナー の一番下のアイコン「PHILIPS」のところに、このランチョンセミナーはあります。見つけられますか?

サムネイルは小さいけれど、超弩級の(そして、いつもながら)素晴らしい内容のコンテンツです。

以下はイントロとエンディング。ぜひ御覧ください。もはやどれがCTでどれがMRIかわからないような感覚になります。また、ECVなどの定量化や、手掌の腱の3D表示なども見事です。

どうやって作ったの? に興味がある人は、下の方をみてくださいませ。

【作成方法】

1)最初の一人で話している画面(片平先生が背景)

まず、zoomを起動します。

いわゆる、一人zoomでOK.相手は要りません。

次に、背景画像を替えます。

今回の場合は、インターネットで「片平和博」先生をググって表示させ、スクショしました。

これをパワポ上で組み合わせて、背景画像に用いる画像を作り、スクショします ↓

zoomの「ビデオ」アイコンの右に ^のマークがあるので、これをクリックして、背景画像を選びます。「+」を探して、手持ちの上記の画像を選択。

そうすると、それが選べるのです。

その状態で、QuickTimeを起動し、「新規画面収録」を始めます。

全画面収録ではなく、オプションにして、画面の一部を取り込むようにします。そして収録を開始。

収録の間は間違えても大丈夫。何度もやり直します。

終わったら、QTが現れますので、トリムします。command + Tでトリム(映像の長さを短く)できます。


必要な部分のみを切り出してこれで一旦完了。

2)片平先生のスライドを説明

片平先生からいただいたスライドを開けて、スライドショーにします(全画面表示)

zoomの「画面共有」をONにして、このスライドショーを選択します。

そうすると、スライドに自分の顔が現れます。

でもとても小さいので、、、(右下)

枠を持って大きくします。

 

zoomでは、自分を「ミラー表示するかどうか」を選べますが、それにより使う手が異なります。

画面と合うのが、右手・左手のどちらになるかを、実際にやって確認します。

練習ができたら、先程と同じように、QuickTimeでスライド部分の収録をしながら話します。このようにすれば、説明を入れることができるわけです。

そして必要な部分だけになるようにトリムし、保存します。

ちなみに、zoomの機能を用いれば、自分のPCに保存できます。しかしそのときは、自分の画面を自由に動かせず、また大きさも変えることができません。QTならば、自由な位置におけるので、収録中に、次のスライドで、自分の画面がじゃまになったら、別の位置に動かすこともできます。

3)片平先生とのエンディング

これはさして難しくありません。

片平先生とzoomでつないで、その様子をQTで収録するだけです。

ただし、ライティングが頭の後ろにならないようにしないとなりません。普通は頭の後ろの天井にライトがあるので、顔が暗くなります。これが起こらないように配慮するとよいです。リング状のライトなどを買っておくと割と良いのですが。自分の使用している環境は、たまたま壁にライトがついているので、顔が明るくなります。

片平先生には、病院内の、顔がなるべく明るく映る位置に移動してもらい、撮影しました。

もしどうしてもうまくないときは、鏡とか、アルミホイルをくしゃくしゃにしたものを使って、顔に光が自然に当たるようにします。

それでも、音量や映像の露出は、2人の間で異なります。これをFinal Cut Proで行いました。

iMovieでもできるかもしれません。

1)音量:受信した片平先生の音量が少し小さかったので、その部分をブースト(これはiMovieでもできます)

2)露出:片平先生の映像が少し暗かったので、顔が明るくなるように調整しました。

(やり方があまり分からなかったので、Final Cut Pro上に2つの同じ動画を取り込み、

ー片方をクロップして、右(自分)だけ表示する。

ー後ろのレイヤーにある片平先生の露出を変更する。

ー最後に2つの動画を一つの動画に重ねて終了。

書き出しはあまり品質を高くしても仕方がないので1080HDとしました。)

上記のようにして、3つの動画をFinal Cut Proに取り込み、トランジションなどを入れて完成です。

 

4)「気持ちが伝わるプレゼンテーション」

今回は、特別企画2の「気持ちが伝わるプレゼンテーション」も、末尾につけてみました。

撮影した動画から、最初のお辞儀をする部分だけを抜き出します。これは6秒ぐらいしかなくて短いので、後ろに静止画を追加し、トランジションを入れて完成させました。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tarorin

tarorin東海大学工学部 医用生体工学科 教授

投稿者プロフィール

MRIの撮像・フィルム焼き・患者導入に従事していた経験を活かし、企・技・医の中間の立ち位置を大切にしています。モットーは研究結果を中立的に判断すること、皆で研究成果を愉しむことです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. キヤノンメディカルシステムズ株式会社より「Advanced Imaging Seminar 2022…
  2. はじめに みなさま、はじめまして。東筑病院 野中 康行 と申します。 東筑病院は福岡県北九州市に…
  3. MAGNETOM Free Max
    今年の新製品はMAGNETOM Free Max(0.55T)です! 噂の0.55Tです!…
  4. MRI検査で頭部領域の基準線をどのように決めていますか? MRI検査で最も多いであろう頭部領域の撮…
  5. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る