ワーラー変性(Wallerian degeneration)

慢性期脳梗塞患者さんのDWIで描出された錐体路のWaller変性です。一般的にWaller変性とは神経細胞体または軸索が障害されたときに、その末梢部の軸索や髄鞘に順行性に起こる変性のことで、錐体路にWaller変性が起きた場合、このような「錐体路イメージング」風に見えることがあります。

wallarT2強調画像でも発症4週間後頃より信号変化が認められ、経過とともに高信号→(一時期な)低信号→最終的に高信号となります(gliosis等が関与)。DWIでは、より鋭敏に変化が分かります(ちなみにCTの場合は、末期の変化(萎縮像)のみ観察することができます)。

錐体路のWaller変性は脳梗塞が最も多く、出血、外傷、腫瘍、脱髄変性疾患も原因となり得ます。新たな梗塞巣や、脱髄病変と誤診しないことが重要ですが、高信号が錐体路に沿って連続的であることが分かれば鑑別は容易です。

※ワーラー変性(Wallerian degeneration):末梢神経線維が切断、坐滅などにより神経細胞との連絡が断たれたときに生じる変化。24-36時間以内に神経線維の断端遠位部より始まり、遠位にある軸索幹に生じて、病変の軸索は腫大した後に萎縮し、断片化していく。ワーラー変性の名はA.V.Wallerにより記載されたことにちなむ(wikipedia 日本語版/英語版より引用改変)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
fumipon

fumipon医療法人聖麗会 聖麗メモリアル病院 放射線科・企画広報室

投稿者プロフィール

MR専従技師として脳外科病院に勤務してます。頭の検査についてはやたらと詳しいですが、首から下はまったくと言って良いほど分かりません。MR専従なため、基礎的な知識は豊富(?)です。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  2. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…
  3. 本日は、MRIの話ではないのですが、第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長・新宿)…
  4. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  5. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2016-1-1

    「ガドリニウムの脳内沈着アップデート」〜あの神田知紀先生からの特別寄稿

    Chief Editor's Comments みなさん、新年あけましておめでとうございます。…
  2. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
  3. 2017-10-19

    検像運用について

     はじめに まだフィルム運用のころ,一般撮影のみならず、放射線検査においては撮影条件を駆使してよい…
ページ上部へ戻る