mDIXON-XDを使用した非造影MRA撮像(REACT)

はじめに

こんにちは! 国家公務員共済組合連合会熊本中央病院の豊成信幸です。よろしくお願いします。 mDIXON-XDを使用した非造影MRA撮像についてご紹介したいと思います。

このシーケンスについては、JSMRM2015より演題発表していまして、ご存知の方がいらっしゃるかと思いますが、貴施設でさらに活用されることを期待して投稿させて頂きました。

REACTの特長

REACTは、DIXON法を用いることで、磁場不均一の影響も少なく、非同期で非造影MRAが3分程度の撮像時間で簡単に撮像可能な方法です。

血管描出はflow(inflow)ではなく、『緩和時間の違い』を利用しています。残念ながら静脈も観察されますが、見た目上ある程度の動静脈分離が可能です。

当初、“NENT”と名付けられましたが、その後“REACT”と変更になりました。Philips社製でmDIXON-TFEのオプションがあれば撮像可能です。

写真は昨年ハワイで行われたISMRM2017のPhilips ランチョンで使われたスライドの1枚です。提供元に私の名前がクレジットされていたことにとても興奮しました。

NENT: Non-enhanced, non-triggering subclavian MRA
REACT: Relaxation-Enhanced Angiography without Contrast and Triggering

mDIXON-XDからREACTへ  @3T

① mDIXON-XD(TFE)・・・脂肪抑制画像

② mDIXON-XD(TFE)+shot interval 3000ms. ・・・SNRが上昇

③ mDIXON-XD(TFE)+shot interval 3000ms +invert(shortest) ・血管信号が上昇

④ mDIXON-XD(TFE)+shot interval 3000ms +invert(shortest) +T2prep =REACT・・・筋肉信号の低下、静脈信号の低下

 

【撮像シークエンス】

【撮像条件】

FOV: 370mm, matrix: 224, re-matrix: 640, SENSE: 1, thickness: 3mm, 70slices, TR: 4.1ms, TE/TE2: 1.38/2.6ms, FA: 12deg, shot interval: 3000ms, TFE-factor: 100, WFS: 0.4pix, NSA: 1, scan time: 3min, Low-high radial,

次のグラフは、各TI delay timeにおける筋肉信号と動脈信号、静脈信号の信号変化を示します。TI delay=100程度 では動静脈とのコントラストが大きく、筋肉信号も低下しています。

REACTの臨床応用

TI設定により血液のT1コントラストを利用、T2prepを印加することで、T2値が短い静脈信号や筋肉信号を低下することで、bright-blood画像を取得可能です。

またTI=800-900msec.+T2prep(-)に設定することで、REACT MPRAGE(black-blood)画像が簡単に撮像可能です。

次の画像は胸腹部MRAをそれぞれ撮像し、つなげ合わせた画像です。非同期で撮像しています。臨床画像として頚部と動脈弓に血栓が認められる画像を提示します。TI=900msで同様に撮像し、広いFOVでムラのない脂肪抑制画像が取得できます。

興味がある方は、是非一度試していただいて、+αの画像として撮像して頂けたら幸いです。

ライター紹介

豊成 信幸(Nobuyuki Toyonari)   国家公務員共済組合連合会熊本中央病院
技師歴26年目、MRIは難解ですが興味深いことばかりで悩みながらも楽しくやってます。面白いです。またMRを通じて、学会や研究会では沢山のMR職人との交流も楽しく、とても良い刺激を受けてます。
JSMRM2019 Kumamotoでお待ちしてます!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Takahashi Mitsuyuki

Takahashi Mitsuyuki国家公務員共済組合連合会横浜栄共済病院放射線技術科

投稿者プロフィール

診療放射線技師歴はとうとう31年となりました。現在は病院の技師長職を行っています。お昼の食事交代や、夏休みなど、人が足らない時にMRI業務をおこなっています。今でもMRIをやっていると、新しい発見があります。そして興奮します(笑) 。このブログを通して少しでもMRIの魅力を皆さまにお伝えしたいと思います。そして、皆さんと是非繋がっていきたいと思います。facebookページの紹介文もメインで担当しています。宜しくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…
  2. 本日は、MRIの話ではないのですが、第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長・新宿)…
  3. OsiriX LITEが最近32bitから突然64bit版変更なりました。 このためOsiri…
  4. 第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長)の、ザイオソフトイブニングセミナーにおいて…
  5. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
  2. 2018-4-9

    Web議論の場 〜 ecasebookの運用について

    副編集長の高橋でです。 新年度を向かえ、またJRCの総会も近づいてきて皆さん張り切っていらっしゃる…
  3. 2017-10-19

    検像運用について

     はじめに まだフィルム運用のころ,一般撮影のみならず、放射線検査においては撮影条件を駆使してよい…
ページ上部へ戻る