第10回東京MRI動態機能研究会のご案内

第10回東京MRI動態機能研究会のご案内

動態機能研究会は『東京近郊のMRI装置使用者の撮像技術・基礎医学知識、臨床応用に関する研究促進・知識向上を図り、医療現場への貢献』を目的として2005年10月に発足いたしました。
この度、開催10年という節目を迎えるにあたり『MRA再考』と題して今一度動態の原点に立ちかえることとしました。
是非、多くの方々にご参加いただきますようご案内申し上げます。

PDFはここ⇒  第10回東京MRI動態機能研究会案内


第10回東京MRI動態機能

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北川 久

北川 久東京慈恵会医科大学附属柏病院 放射線部

投稿者プロフィール

MRIの奥の深さにいつも悩まされています。
おそらくゴールの見えないMRIをこれからも追い続けるでしょう。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. キヤノンメディカルシステムズ株式会社より「Advanced Imaging Seminar 2022…
  2. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  3. インナービジョン編集部(三橋 信宏(みつはし のぶひろ)編集長)様のご厚意で、2001年のインナービ…
  4. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  5. 皆さまはじめまして。茨城県立こども病院の加藤綾華と申します。茨城県立こども病院は茨城県水戸市にある1…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る