第13回東京MRI動態機能研究会のご案内 (1/27)

毎年恒例の1月のMRI研究会と言えば…そうです、MRI動態機能研究会です

今年も1月27日(土)に開催いたします。
テーマは「現代版ー動から静への新たな潮流」です。
MRIで観察している体内のプロトンはいったい何を見ているのでしょうか?
究極の時間分解能が手に入る宝箱をMRIが得ることができたら、体内のイメージングはどうなるでしょうか?
そしてMRIの強みであるコントラスト分解能の高さと究極の時間分解能がfusionすると、臨床の現場で何が起きると思いますか?
百聞は一見に如かずです!!
まずはご参加ください!!、第13回東京MRI動態機能研究会に!!
基礎講演は豪華な講演人(びと)が新しい流れを感じさせるテクニックを紹介してくれます。
そして特別講演の熊本中央病院 片平和博先生によって臨床の現場に必ずや訪れる新しい流れ(CS技術)を体感させてくれるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北川 久

北川 久東京慈恵会医科大学附属第三病院 放射線部

投稿者プロフィール

MRIの奥の深さにいつも悩まされています。
おそらくゴールの見えないMRIをこれからも追い続けるでしょう。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…
  2. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  3. 第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長)の、ザイオソフトイブニングセミナーにおいて…
  4. 本日は、MRIの話ではないのですが、第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長・新宿)…
  5. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2017-10-19

    検像運用について

     はじめに まだフィルム運用のころ,一般撮影のみならず、放射線検査においては撮影条件を駆使してよい…
  2. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
  3. 2018-4-9

    Web議論の場 〜 ecasebookの運用について

    副編集長の高橋でです。 新年度を向かえ、またJRCの総会も近づいてきて皆さん張り切っていらっしゃる…
ページ上部へ戻る