アーカイブ:2016年 12月

  • MRI技師さんの工夫と、撮像マイスター

    http://tarorin.com/opinion/2016/12/mrs_meister/ 人間ドックで工夫をしてくれた技師さん。とてもありがたく思いました。こういった人によって臨床が支えられています。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Gd-EOB-DTPAによる肝細胞造影相について

    はじめに 皆さんご存知の通り、Gd-EOB-DTPAは2つの有用性を持っています。一つは従来のガドリニウム造影剤と同じくDynamic撮像により血流動態を把握できること、そしてもう一つは静注後15~20分程度で肝細胞造…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • GEでもできる冠状断DWIBS

    DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、DWIBSをどの断面で撮像されていますか? 横断像ですか?冠状断ですか? これからDWIBS検査を始めてみよう…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2/12(日)浜松で第6回BodyDWI研究会開催

    第6回のBodyDWI研究会は、はじめての中部地方開催です。 今回は更にパワーアップして、午前の技術中心セッション、午後の臨床中心セッションは掛け値なしに「情報の嵐」のプログラムとなりました。みなさま奮って起こしくださ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • DWIBS 撮像プロトコール パラメータ

    DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載します。これは第4回BodyDWI研究会(2016年2月)のものです。なお、2017年2月号の「画像診断」リフレッシャー…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSNA2016 その8 日立MR

    日立さんのMRIは、新機種はないのでワンポイント紹介です。WIPですけれど、 QSM - 3DのSyMRI like sequence QPMというSyMRIのようなシークエンスが掲げられていました。SyMR…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSNA2016 その7 Siemens CT – 単純X線撮影のようなGoNow

    シーメンスはCTも聞いてきました。SOMATOM DriveはITEMですでに発表されているので、今回発表の SOMA TOM GoNow を聞いてきました。これは例の Outocomeを大きく、しかしCostを安く…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSNA2016 その6 Siemens MR – SyMRI, CS, WB-DWIの定量化

    シーメンスは2つの大きなニュースがありました。一つ目はこれです。昨年のJSMRM(日本磁気共鳴医学会)のシンポジウムで講演したこの方を覚えていますか? そうなんです。マーケティングの松本さん(左)、執行役員…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

ピックアップ記事

  1. OsiriX LITEが最近32bitから突然64bit版変更なりました。 このためOsiri…
  2. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…
  3. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…
  4. 第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長)の、ザイオソフトイブニングセミナーにおいて…
  5. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
  2. 2017-5-11

    ルーチン検査に“ひと味”加える 〜使い方自在、三種のASL〜

    Arterial Spin Labelling:ASLとは 虎の門病院 放射線部 福澤 圭です。皆…
  3. 2016-1-1

    「ガドリニウムの脳内沈着アップデート」〜あの神田知紀先生からの特別寄稿

    Chief Editor's Comments みなさん、新年あけましておめでとうございます。…
ページ上部へ戻る