熊本地震・熊本中央病院の状況

編集委員の野田誠一郎さん(熊本中央病院勤務)から、同病院の被災状況についての連絡をいただきましたので、急ぎ掲載します。


ひと段落つきましたのでメールしております。ニュースでご覧になられていると思いますが、現在も余震が続いております。

我が家は震度5でしたが、病院は震源地から近いため震度6でした。地震発生直後の被害状況です。
地震発生後に出勤しましたが、病院は自家発電に切り替わっていました。
本などが棚から落ちていて足の踏み場がない状況で、一般撮影が使えなかったのでポータブルで代用

スクリーンショット 2016-04-15 22.59.59
CTはテストスキャンの後に正常作動、MRIは2台とも使用不能、RIとアンギオと治療は動作確認を行っておりました。サーバは動作不能でサーバ室のキャビネットが倒れていました。

 

現在の状況は
電力は復旧しております。一般撮影、CT、RIは通常業務。アンギオ、治療(RT)は本日は安全のために業務見合わせ。サーバは復旧しました。
MRIは3Tが復旧しましたが、1.5Tのマグネット自体が動いているため復旧めどがたっておりません。
とりあえず、状況羅列しましたが、このような状態です。
写真を添付します。写真は1.5Tです。マグネットが動いて、寝台にぶつかって止まったようです。寝台も破損し、マグネットは10cmほどズレてます。当院のMRIは2階にありますので、揺れがひどくズレたのかもしれません。復旧まで少しかかりそうです。クエンチしていなかったのが不幸中の幸いだと思います。3トンもあるマグネットを地震の時にクエンチさせない為に、わざとズレるように設計してあるみたいですね。

スクリーンショット 2016-04-15 23.01.19

スクリーンショット 2016-04-15 23.01.43

スクリーンショット 2016-04-15 23.01.54
他の病院様も様々な影響を受けているみたいです。災害に遭われた方々は大変な状況かと思いますが、我々の病院のスタッフは怪我もなく安心しました。

今回、地震発生後に病院へ来た時に、最初にやったことは磁場の確認でした。磁力が有るか無いか、冷凍機コンプレッサーが作動しているかの確認でした。

(続報へ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…
  2. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…
  3. 皆さまはじめまして。茨城県立こども病院の加藤綾華と申します。茨城県立こども病院は茨城県水戸市にある1…
  4. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  5. チャイルド・ライフ・スペシャリストとは? チャイルド・ライフ・スペシャリスト(以下CLS)…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2018-10-8

    脳卒中診療に革命を与えるASL

    Arterial Spin Labeling(ASL) Arterial Spin Labelin…
  2. 2019-1-12

    ペースメーカ本体(ジェネレーター)の型番だけで、MRIの安全性を判断しないでください!!

    心臓ペースメーカの構造って? 一口に心臓ペースメーカといっても、下図に示すようにペースメーカ本体(…
ページ上部へ戻る