発表動画・抄録など 第4回BodyDWI研究会 

皆様こんにちは。先般の第4回BodyDWI研究会は、お陰さまで大盛況となりました。この場を借りまして厚く御礼を申し上げます。想定外の沢山のみなさんのご参加で、相対的に小さなスクリーンで発表を観にくかったというご意見を沢山頂戴しました。また、今回は参加できなかったが内容をぜひ見てみたいとの声をいただいております。そこで、内容の一部を公開いたします。動画のもの、抄録形式のものがありますが、順次アップしてまいりますので、ぜひご覧ください。


11:10~11:50 「基礎編」座長:堀之内 隆(大阪府立成人病センター 放射線診断科)

video_camera [動画へのリンク]

1. 広範囲拡散強調画像施行上のポイント 松下 真弓(すずかけセントラル病院 放射線部)
2. 拡散強調画像歪みの改善ポイント 高橋 光幸(横浜栄共済病院 放射線部)


12:00〜13:00 ランチョンセミナー(共催:富士製薬工業株式会社)   座長:中西 克之(大阪府立成人病センター 放射線診断科)

video_camera [動画へのリンク]

  1. 骨転移ガイドラインについて 荒木 信人(大阪府立成人病センター 整形外科主任部長)
  2. 乳癌における拡散強調画像併用全身MRIの最大の利点 ‐全身検索、病勢評価のみならず脊髄圧迫を評価- 大島 和也(大阪府立成人病センター 整形外科医長)

13:10~14:40 臨床各論 PartⅠ    座長 林田 佳子(産業医科大学 放射線科)

pr01-03rd[まとめへのリンク掲載予定]

1.DWIBSによる骨転移の早期発見と治療効果判定 境野 晋二朗(すずかけセントラル病院 放射線治療センター)
2.CRPC(去勢抵抗性前立腺癌)症例経過観察におけるDWIBS法のインパクトなぜDWIBS法の普及が望まれるのか?〜 片平 和博(熊本中央病院 放射線診断科)


14:50~15:50 臨床各論 PartⅡ    座長 信澤 宏(川崎幸病院 放射線診断科)

pr01-03rd[まとめへのリンク掲載予定]

  1. 頭頚部癌骨転移症例 WB-MRI, FDG-PET, CTから特徴を捉える〜 中西 克之(大阪府立成人病センター 放射線診断科)
  2. 医療マネージメントの視点からみたDWIBS -DWIBSの有用性と普及のための試み- 福原 昇(相模原協同病院 放射線科)

16:00〜16:30

video_camera [動画へのリンク掲載予定]

代表世話人から、技術的アドバイス 高原 太郎(東海大学 工学部医用生体工学科)


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tarorin

tarorin東海大学工学部 医用生体工学科 教授

投稿者プロフィール

MRIの撮像・フィルム焼き・患者導入に従事していた経験を活かし、企・技・医の中間の立ち位置を大切にしています。モットーは研究結果を中立的に判断すること、皆で研究成果を愉しむことです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…
  2. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…
  3. 本日は、MRIの話ではないのですが、第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長・新宿)…
  4. 第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長)の、ザイオソフトイブニングセミナーにおいて…
  5. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2016-1-1

    「ガドリニウムの脳内沈着アップデート」〜あの神田知紀先生からの特別寄稿

    Chief Editor's Comments みなさん、新年あけましておめでとうございます。…
  2. 2017-10-19

    検像運用について

     はじめに まだフィルム運用のころ,一般撮影のみならず、放射線検査においては撮影条件を駆使してよい…
  3. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
ページ上部へ戻る