BPAS (1): BPASの使い方

BPAS

BPAS(Basi-parallel anatomical scanning)はheavy-T2WIによるCSF-hydrographyで、撮影後にネガポジ反転することで椎骨動脈~脳底動脈の血管構造を画像化する方法です。ビーパス、と読みます(長畑守雄先生の原著/AJNR論文和文PDF)。

MRA(3D-TOF)と違い血流の影響を受けず、血管そのものが見えるため、椎骨動脈解離動脈瘤解離による血栓化(動脈閉塞)巨大動脈解離の(偽腔を含めた)全体像を観察するのに適してます。

実際の撮影法は、FSE(TSE)系列でheavy-T2(long-TR&long-TE)に設定、斜台に平行な厚めのスライス(30mm程度)を1枚だけロカライズします(下図参照)。どのメーカーのMR装置でも撮影できます。シーケンスはFSE以外にもSSFSEやFIESTA(true-FISP)でもOKです。

10

B-PAS スライス設定 (正常例

 

撮影条件(当院の一例)

FSE-XL TR/TE: 2000/700, ETL:64, matrix: 320*256, NEX:6

FOV:24cm, 30mm(1slice), Scantime: 0m48sec

椎骨動脈解離に対する3D-TOF-MRAでは、もともと左右の椎骨動脈のいずれか(多くの場合は右椎骨動脈)が低形成なことがあり、動脈解離と低形成の鑑別は難しいです。そこでBPASを追加撮影し、椎骨動脈が「MRAで描出なし BPASで描出あり」のパターンであれば、解離もしくは血栓形成が起きていることが分かります(下図参照)。

12

左椎骨動脈解離

椎骨動脈解離の診断以外に、血管走行の把握のためにもBPASは有用です。例えば動脈硬化で血管の拡張・蛇行が強い場合、MRAでは乱流による信号欠損で狭窄、閉塞様に見えることがありますが、BPASを使えば全体構造が一目で把握できるので便利です。

15

両椎骨ー脳底動脈の拡張と蛇行(動脈瘤あり)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
fumipon

fumipon医療法人聖麗会 聖麗メモリアル病院 放射線科・企画広報室

投稿者プロフィール

MR専従技師として脳外科病院に勤務してます。頭の検査についてはやたらと詳しいですが、首から下はまったくと言って良いほど分かりません。MR専従なため、基礎的な知識は豊富(?)です。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  2. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…
  3. OsiriX LITEが最近32bitから突然64bit版変更なりました。 このためOsiri…
  4. 本日は、MRIの話ではないのですが、第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長・新宿)…
  5. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2017-3-31

    頭蓋内の血管壁イメージング

    臨床的な意義  - lumenography vs 血管壁 imaging 脳血管病変の画像診断は…
  2. 2016-1-1

    「ガドリニウムの脳内沈着アップデート」〜あの神田知紀先生からの特別寄稿

    Chief Editor's Comments みなさん、新年あけましておめでとうございます。…
  3. 2017-4-25

    ISMRM2017 (25th) プレナリーセッションで長縄慎二先生が講演

    今年のISMRMは、ハワイ開催!それだけでもテンションが上がりますが、、 、、長縄慎二…
ページ上部へ戻る