アーカイブ:2015年

  • MRI大辞典

    FOVz (FOVz)

    slabと同義。 →slab (石森 文郎) …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • MRI大辞典

    FOV center (FOVセンタ:FOV center)

    画像の中心。MRにおいては、FOVセンタがマグネットの中心にくることが望ましい。 (石森 文郎) …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • MRI大辞典

    FOV (FOV:field of view)

    撮影視野。 →有効視野 (石森 文郎)…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • MRI大辞典

    Fourier transformaton: FT (フーリエへんかんほう:Fourier transformaton: FT)

    MR信号を、多数の異なった周波数、位相、振幅の正弦曲線に分解する数学的手法。(石森 文郎) …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • MRI大辞典

    Fourier acquired steady state (FAST:Fourier acquired steady state)

    →FAST (石森 文郎)…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • MRI大辞典

    flexible coil (フレキシブルコイル:flexible coil)

    患者の検査部位、体型に応じて変形可能なサーフェイスコイル。 (石森 文郎)…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • MRI大辞典

    FLASH (FLASH:fast low-angle shot)

    高速撮像法のひとつで、現在広く使用されているスピンエコー法との違いは、信号の受信にグラジェントエコーが利用されていることで、それによりTRとTEの短縮を可能にしている。また、この撮像法は、スポイラーグラジェントにより横磁…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • MRI大辞典

    fluid attenuated IR (FLAIR:fluid attenuated IR)

    フレアー法は、IR法における反転時間(TI)をCSFの磁化がゼロ点を通る時間(2000ミリ秒程度)に設定してCSF信号を抑制する撮像法である。TRを長く取る必要があるため(撮影時間が長くなるので)通常のIR法では用いられ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • MRI大辞典

    flow-related enhancement (フローリレートエンハンス:flow-related enhancement)

    TRが、液体の縦緩和が十分起こるには短い場合、前回の90°パルスの後に流入した流体のスピンの縦磁化が、前回の90°パルスを受けたスライス内に残存している流体の縦磁化より有意に大きく、スライス内の流体全体の縦磁化としては、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • MRI大辞典

    flow void (フローボイド:flow void)

    たとえばスピンエコー法の場合、90°パルスと180°パルスを経験したスピンのみがエコー信号の生成に寄与することができる。しかし、流体では90°パルスを経験した後にスライス外に出て180°パルスを経験できないスピンや、18…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

ピックアップ記事

  1. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  2. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…
  3. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  4. 第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長)の、ザイオソフトイブニングセミナーにおいて…
  5. OsiriX LITEが最近32bitから突然64bit版変更なりました。 このためOsiri…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
  2. 2017-3-31

    頭蓋内の血管壁イメージング

    臨床的な意義  - lumenography vs 血管壁 imaging 脳血管病変の画像診断は…
  3. 2017-4-25

    ISMRM2017 (25th) プレナリーセッションで長縄慎二先生が講演

    今年のISMRMは、ハワイ開催!それだけでもテンションが上がりますが、、 、、長縄慎二…
ページ上部へ戻る