アーカイブ:2014年

  • FSE(ファーストスピンエコー)についてー日立編

    日立のMRIのFSE(ファーストスピンエコー)について解説します。 FSEは一番使用頻度が高いシーケンス。しっかりと基本から理解していきましょう。パラメータの名称は異なりますが、他メーカーの装置をお使いの方でもFSE(…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • あたまの固定具

    2種類の頭部用固定具を紹介します。 膨らますタイプと脱気するタイプ 試用させていただいたのは、送気によってスペーサーを膨らませ、頭部とコイル間を埋めるタイプ(白)と、脱気によって頭部を包み込むように固めることで頭部を…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 温故知新ーシーメンスの古い月刊誌から学ぶ

    HIRE(High Intensity Reduction)テクニックってご存知ですか? 今から20年ほど前にシーメンスのアプリケーションからユーザ向けにNew Technique of MRというテクニック雑誌が発刊…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RADっていいとも 素敵な仲間とのペンリレー (3) 蛸井邦宏

    写真うつりも人相も悪い筆者 自己紹介 石森さんからご紹介いただきました蛸井邦宏 (たこい くにひろ)と申します。生まれてこの方同姓同名にあったことがないのが唯一の自慢ですが、ハンコから、パソコンまで、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 拡散歪みを逆手にとった簡易DWIBS法

    こんなとき、どう対処しますか? 「病変がコイルの感度範囲を超えて進展していた。」「病変が複数箇所に散在しているかもしれない!」このようなケースをたびたび経験します。こんな時、どんな対処を施しますか? コイルチェンジや寝…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ▼ 筋損傷 Muscle Injury – DWIBS

    自分が経験した筋損傷、とても貴重でリアルな画像が撮れたので公開! 歩きスマホでぶつかった 最近、ダイエットに取り組んでいて、筋トレや、早足歩行、水泳などに取り組んでいる。先日の出張の帰りの時もそうで、キャリーバックを…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 関節リウマチ 両手同時撮像法の2つのコツ

    関節リウマチは、両側に生じる疾病のため両手の撮像依頼があります。手の撮像というと挙上して片手ずつ行うイメージがあると思います。両手いっぺんに撮像するのは、なかなか難しいですが我々の施設では両手を同時に行っています。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • EOB-DTPA静注後のSTIR 併用low b DWIの有用性

    Gd-EOB-DTPA静注後の肝実質 Gd-EOB-DTPAは、御存知の通り、肝細胞特異性造影剤で、転移の検索に用いられます。静注後15分程度経つと、正常肝はかなり造影され(T1値が短くなり)、個人差はありますが脂肪の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RADっていいとも 素敵な仲間とのペンリレー (2) 石森文朗

    自己紹介 [caption id="attachment_311" align="alignleft" width="177"] 誕生日(2014/11/01)に激務を終えて、魂を抜かれたような顔をしている筆者(目が死…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 拡散強調画像でケミカルシフトを目立たなくさせる方法(シーメンス装置編)

    拡散強調画像のケミカルシフトアーチファクト 脂肪の信号が空間的にずれて画像化されるアーチファクトをケミカルシフトアーチファクトといいます。特にEPIを使用した拡散強調画像は位相エンコード方向にケミカルシフトが見られ、と…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

ピックアップ記事

  1. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  2. 本日は、MRIの話ではないのですが、第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長・新宿)…
  3. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…
  4. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…
  5. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2018-4-9

    Web議論の場 〜 ecasebookの運用について

    副編集長の高橋でです。 新年度を向かえ、またJRCの総会も近づいてきて皆さん張り切っていらっしゃる…
  2. 2017-10-19

    検像運用について

     はじめに まだフィルム運用のころ,一般撮影のみならず、放射線検査においては撮影条件を駆使してよい…
  3. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
ページ上部へ戻る