アーカイブ:2014年 10月

  • (Gyrocup2014受賞)頭部TOF-MRAにおける新しいREST pulseの使い方

    脳血管MRAを 撮像する際、静脈の信号を抑制する為に用いていたSaturation pulse(以下REST) が、実は脳実質抑制効果を与えていた事が分かりましたのでご紹介します。 RESTで脳実質が抑制されている! …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7Tのすごい威力 = 渦電流で椅子が倒れなくなる

    これはtarorin.comの記事を見てください(写真クリックでもOK)↓ http://tarorin.com/sciencehead/science/2014/10/7tesla/ …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Inhance-3D (3DPC-MRA)の意外な使い方

    脳血管のMRAを撮影する際、義歯による金属アーチファクトが問題となることが、しばしばあります。当院においては「脂肪抑制パルス(CHESSパルス) をOFF」「TEをout-of-phase(1.5Tなら6.9ms)に設定…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 脳血管MRA – 撮影範囲について

    勉強会で「脳MRI/MRA撮影法」のお話をするとき、冒頭に必ず入れる話題があるのですが、それは脳血管MRAの撮像範囲についてです。紹介患者さんの持参CDやフィルムで他院が撮影する脳血管MRAを見る機会がよくあるのですが、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 磁化率強調画像と無症候性微小脳出血

    磁化率強調画像とは? 磁化率強調画像とは、微小出血や虚血などで起こる磁化率の変化を鋭敏にとらえる撮影法で、脳内「鉄」の分布を画像化するものです。メタルアーチファクトに代表される磁化率が異なる組織の境界で起こる「磁化率ア…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ワーラー変性(Wallerian degeneration)

    慢性期脳梗塞患者さんのDWIで描出された錐体路のWaller変性です。一般的にWaller変性とは神経細胞体または軸索が障害されたときに、その末梢部の軸索や髄鞘に順行性に起こる変性のことで、錐体路にWaller変性が起き…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 第42回磁気共鳴医学会大会に参加して

    第42回日本磁気共鳴医学会が去る9/18(木)~9/20(土)の3日間 京都で開催されました.京都開催での会場は京都国際会館が多いのですが,今年は京都駅内からアクセス可能なホテルグランヴィア 京都で行われました.アク…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 冠動脈ステントは通常操作モードで!血管ステント入りのMRは注意が必要です!

    ステント添付文書抜粋 上記のリンクのPDFは、現在流通している冠動脈ステント、血管用ステントの添付文書を抜粋したものです。このリストのステントはどれもMR conditionalで、条件付きでMR検査可能です。注意…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • はじめまして、MRIfan.netです!

    みなさんはじめまして! MRIfanのホームページ、開設しました! これから様々なおもしろ・お役立ち情報を共有しましょう! (comドメインではなくて、.net なのでよろしくお願いします!) ところで、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

ピックアップ記事

  1. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…
  2. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…
  3. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…
  4. 本日は、MRIの話ではないのですが、第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長・新宿)…
  5. OsiriX LITEが最近32bitから突然64bit版変更なりました。 このためOsiri…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2017-4-25

    ISMRM2017 (25th) プレナリーセッションで長縄慎二先生が講演

    今年のISMRMは、ハワイ開催!それだけでもテンションが上がりますが、、 、、長縄慎二…
  2. 2016-1-1

    「ガドリニウムの脳内沈着アップデート」〜あの神田知紀先生からの特別寄稿

    Chief Editor's Comments みなさん、新年あけましておめでとうございます。…
  3. 2017-3-31

    頭蓋内の血管壁イメージング

    臨床的な意義  - lumenography vs 血管壁 imaging 脳血管病変の画像診断は…
ページ上部へ戻る