カテゴリー:Education

  • Crazy Abbreviated MRI!

    みなさんはAbbreviated MRI(あぶりびえーてっどMRI [発音(abbreviate)],短縮MRI、省略MRI)という名前を聞いたことがあると思います。AB-MRIとも称されます。 独のクール(Kuh…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 日本乳癌画像研究会発表(非造影DWIによる乳癌スクリーニングの可能性)

    日本乳癌画像研究会で発表した内容の動画です。17分程の発表です。本来は40分×2で話す内容を17分で話したので超高速プレゼンですがご容赦ください。改めて動画を見て、自分の芸風は、NHK「ためしてガッテン」の立川志の輔さん…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 腰椎MRI検査の基本(撮像範囲や構造上注目すべき点)

    腰椎Sagittalの撮像範囲どのように設定していますか? 画像診断において、撮像範囲の設定はとても重要です。なぜなら撮像範囲内に映された画像(情報)の範囲でしか確信的な診断はできないからです。つまり、診療放射線技師は…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • OsiriX用 cDWI Plug-inの使い方(臨床画像あるためログイン要)

    御前崎市立病院のみなさんがOsiriX用のcDWI Plug-inを導入してくださるそうです。 そのインストール作業(OsiriXをiMacに導入)は、どこでも出来るわけですが、導入業者さんがMacに慣れていないと…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • MRCPとSATパルス

    皆さんこんにちは。編集長のtarorinです。 今日もMRIfan.netを訪れていただきありがとうございます (^^) 今日は、いつもはあまり意識していない、スライスプロファイルについて、ちょっとトクするお話を…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 膝MRIの矢状断、外側の腓骨頭までちゃんと入れていますか?

    膝関節MRIの撮影法を再度考えてみましょう 膝のMRIで矢状断が重要なのはお分かりのとおりですが、大腿骨、または脛骨高原をカバーすれば良い!と思っていませんか? 否!もう少し外側の腓骨頭、まで含む必要があります …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コイルの配置によって画像のSNが変わる!

    コイルの配置によって画像のSNが変わることを知っていますか? 今回は自由に配置できる円形コイルを使うときに知っておかなければならないテクニックです。 検証実験 装置 PHILIPS INTERA ACHIEVA…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 子宮の撮影断面について 今岡いずみ

    子宮については、T2-WIの撮影断面をひと工夫すると診断に役立つ場合があります。子宮頸癌の場合は、stromal ringがきちんとringに見えるような軸を設定します。これはみなさんよくご存知ですね。 子宮体癌の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

ピックアップ記事

  1. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…
  2. はじめに GEユーザーの皆さん、DWIBS撮影を始めてみませんか?DWIBSは、PET-CTにも代…
  3. 本日は、MRIの話ではないのですが、第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長・新宿)…
  4. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  5. 第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長)の、ザイオソフトイブニングセミナーにおいて…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
  2. 2017-5-11

    ルーチン検査に“ひと味”加える 〜使い方自在、三種のASL〜

    Arterial Spin Labelling:ASLとは 虎の門病院 放射線部 福澤 圭です。皆…
  3. 2016-1-1

    「ガドリニウムの脳内沈着アップデート」〜あの神田知紀先生からの特別寄稿

    Chief Editor's Comments みなさん、新年あけましておめでとうございます。…
ページ上部へ戻る