投稿者プロフィール

Hori Hiroki

Hori Hiroki新百合ヶ丘総合病院 診療放射線科

1980年3月15日生まれ、東京都出身
2004年 東洋公衆衛生学院 診療放射線技術学科 卒業
その後、昭和大学病院や聖隷横浜病院を経て現在の職場で勤務。2015年より東京女子医科大学大学院 博士課程 先端生命工学外科に在籍。社会人学生として働きながら医学博士を目指す。
趣味はサーフィン。全日本選手権大会へ出場することを夢見て筋トレ、スケボー、サーフィンを繰り返している。

Hori Hiroki一覧

  • MRIfan.netプレイバック(非造影MRA 3選)!

    MRIfan.net読者の皆様 平素より記事を読んで頂きありがとうございます。編集委員の堀 大樹です。 今回はMRIfan.netプレイバックということで、様々な非造影MRAの記事をピックアップしました。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ITEM2018(2) ~ MRI関連装置編

    今年も大盛り上がりのJRC2018ですが、どこよりも早い機器展示のレポートをします。 私がレポートするのは各メーカーのMRI装置ではなく、MRI関連装置としてMRI対応生体モニタとワークステーションです。 杏林S…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 第76回神奈川GE MR User’s Meetingのご案内

    2018年1月20日土曜日に第76回神奈川GE MR User's Meetingを開催いたします。 今回はAdvanceコーナーで、今非常に話題になっているHyper SENSE(Compressed sensi…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 第13回Signa甲子園2017レポート

    2017年12月9日(土)に開催された第13回Signa甲子園の模様をレポートします。 今年のSigna甲子園は大阪 千里ライフサイエンスセンターで開催されました。15時から19時までの長丁場でしたが、その長さを感…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「ちょっとHeavy T2 IDEAL」で腕神経叢を描出する(動画付き)

    一般的に、腕神経叢の描出に用いられるシーケンスと言えば、DWIやSTIRを使っている施設が多いと思いますが、今回は「ちょっとHeavy T2 IDEAL」を使った腕神経叢撮像の紹介をします。 IDEALとは? 水と脂…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • MRエラストグラフィってどんな検査?

    MRエラストグラフィの必要性 成人病が増加している現代、隠れ脂肪肝も増加していると考えられています。脂肪肝の約25%は肝線維化を起こすと言われており、NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)を誘発する因子の一つとして注目さ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • どこまでいける?DeltaFlow

    みなさんご存知、DeltaFlow 今回我々は、GE社製 Discovery750w 3.0Tを用いて、DeltaFlow の様々な部位への臨床応用について考察した。周知の通り「DeltaFlow」は東芝が開発したFr…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

ピックアップ記事

  1. OsiriX LITEが最近32bitから突然64bit版変更なりました。 このためOsiri…
  2. 本日は、MRIの話ではないのですが、第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長・新宿)…
  3. DWIBSの撮像断面は、横断像ですか?冠状断ですか? DWIBS検査を行っている技師のみなさん、D…
  4. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  5. 日本人は入浴、とくに温泉が大好きです!外国人には頻繁に入浴するという習慣はないそうですが、・・・(続…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2016-3-15

    安全管理ーMRI編ー 事故を起こさないために

    【これはMRI創意工夫懇話会(2017年2月17日)に行われたミニレクチャーの一部をMRIfan.n…
  2. 2017-10-19

    検像運用について

     はじめに まだフィルム運用のころ,一般撮影のみならず、放射線検査においては撮影条件を駆使してよい…
  3. 2018-4-9

    Web議論の場 〜 ecasebookの運用について

    副編集長の高橋でです。 新年度を向かえ、またJRCの総会も近づいてきて皆さん張り切っていらっしゃる…
ページ上部へ戻る