御法度な実験

『RADっていいとも 素敵な仲間とのペンリレー(20) 荒井信行』続編

入職当初、当院のMRI部門は3台体制ですべてPhilips社製Intera 1.5Tでしたが、現在はそのうち1台が残るのみです。一昨年に約10年使用した1.5T装置を完全撤去する際、是非やってみたかったことを敢行しました。それは、

「MRI装置に砂鉄を撒いてみたい!」

ということです。通常では決して許されない実験ですが、完全撤去の際なので実行が可能でした。

背景:

検査前の更衣と金属チェックを徹底していれば問題ないのですが、もし砂遊びをしてから来院した小児患者のポケットに砂が入っていたら?もし肌着に貼付したままの使い捨てカイロが破れていたら?砂鉄は装置の隙間に入り込んだり細かすぎて撤去が困難となる可能性があり、ある程度の大きさがある磁性体よりも厄介です。砂鉄混入の場所によってはチューニングエラーを引き起こすかもしれません。そこで砂鉄によりどのような影響が出るかを調べてみました。

結果:

砂鉄は使い捨てカイロを破いて入手しました。実際に近づけてみると微細な砂鉄は磁力線に沿うような帯状の形状に分布し、ガントリ開口部、特に下部に吸着しました(下図右)。

吸引力をF=mg・tanθとすると、正接(tan)でかかってくるので、意図的に上の方からも撒いたのですが、砂鉄程度の質量でもガントリ下部に吸着する割合が高くなったと考えられます。

砂鉄を少量吸着させた時と全量吸着させた時にそれぞれSE法とGRE法でファントムを撮像しました。

ホッカイロ実験

全量の砂鉄の場合(右下)は大きな歪みと砂鉄自身による信号欠損域が確認できますが、注目していただきたいのが少量の砂鉄の場合(左下SE法、中下GRE法)です。砂鉄のほとんどがガントリ開口部のみに吸着し、ファントム周囲には存在していないにもかかわらず、円形ファントムが歪んでいるのが確認でき、SE法に比べてGRE法の方が顕著に歪んでいます。もしこれが人体の場合、実際は歪んでいるのに気付かず、定期点検等で初めて判明という可能性があります。砂鉄の持ち込みはわずかな量でも注意が必要です。

このあとクエンチを起こし解体されていきましたが、たくさんの過酷な実験にも耐えてくれた装置だったので感慨深いものがあったのを覚えています。後から試してみたいことがあれこれと思い浮かぶもので、もっと綿密な計画を立てて砂鉄を吸着させればよかったと心残りの実験でもあります。

ライター
名古屋市立大学病院 荒井信行

荒井信行

Chief Editor’s Comments

 

画質にとって脅威となる砂鉄

周知のごとく、患者さんの服などに付着している砂鉄は画質の悪化を引き起こします。どんな風に砂鉄が分布するのか、その時にどの程度画質が悪くなるのか、技師ならばぜひ知っておきたいところですね。通常は行うことができない実験を、千載一遇のチャンスに実行した目の付け所はスゴイと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

MRIfan.netからのメルマガを受け取る!

*メールアドレス
*お名前(姓)
*種別

おすすめ記事

  1. DWIBSの撮像プロトコールについて、どこにあるかわかりにくいので、このページにまとめてリンクを記載…
  2. (追加・修正)Philipsのスライス厚(Package 1のとき)を修正しました。また、IR pu…
  3. 本日は、MRIの話ではないのですが、第52回日本医学放射線学会・秋季臨床大会(中島康雄大会長・新宿)…
  4. mrifan.netの読者のみなさまこんにちは。 世話人会や、友人などの集まりをするときに、ス…
  5. OsiriX LITEが最近32bitから突然64bit版変更なりました。 このためOsiri…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Facebookもチェック!

話題をチェック!

  1. 2017-3-31

    頭蓋内の血管壁イメージング

    臨床的な意義  - lumenography vs 血管壁 imaging 脳血管病変の画像診断は…
  2. 2017-5-11

    ルーチン検査に“ひと味”加える 〜使い方自在、三種のASL〜

    Arterial Spin Labelling:ASLとは 虎の門病院 放射線部 福澤 圭です。皆…
  3. 2016-1-1

    「ガドリニウムの脳内沈着アップデート」〜あの神田知紀先生からの特別寄稿

    Chief Editor's Comments みなさん、新年あけましておめでとうございます。…
ページ上部へ戻る